【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

上品で華やかなサウンドが流れた普段とちょっと違う店内

上品で華やかなサウンドが流れた普段とちょっと違う店内

Kyoko

2022年06月16日 木曜日

0 コメント

▶昨夜の《井上智 with 2 弦セッション》実は当初は他のライブ予定になっていたところ都合により出来なくなり、急遽井上さんに人選を含めて出演をお願いしました。なんとか企画してみます、ということで実現したのが、ジャズ・ヴァイオリンお二人とのコラボセッション〈The world on a string !〉メンバー 井上智(g) 北床宗太郎(vln) 梶原圭恵(vln) さんでした。さすが井上さんです、私も初めて聴くレアな編成で、とても楽しみにしていました。
▶同じ曲でも美しい弦のサウンドは、上品で華やかな感じがして、同じ曲も違う味が出ます。昨夜は演奏曲もお馴染みのスタンダード曲から、普段あまり聴かない曲まで多彩なレパートリー。いらしてくださったお客さまも普段とは違う顔ぶれでしたが、皆さん熱心にお聴きでした。井上さん、急なお願いを聴いてくださり、ありがとうございました。
▶1st.set…G.ガーシュイン♪S’ Wonderful、G.ガーシュイン♪It Ain’t Necessarily So、井上智作♪Paz Y Amor Siempre、ジミー・マクビュー♪I’m In The Mood For Love、クルト・ヴァイルのお馴染みのスタンダード曲♪Speak Low。
▶2Nd.Set…井上智作♪Together With You、ハンガリーのギタリスト アッティラ・ゾラーの♪The Birds And The Beast、イギリス民謡♪Green Sleeves、フランスのギタリスト ビレリ・ラグレーン♪Place Du Tertre、スタンダード曲♪バーモントの月、G.ガーシュイン♪Fascinating Rythm。アンコール曲は、ハロルド・アーレンの♪I’ve Got The World on A String でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です