デイリーレポート

土砂降りの雨の中お越しいただき感謝の聴き応えある演奏

土砂降りの雨の中お越しいただき感謝の聴き応えある演奏

Kyoko

2019年07月19日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は、サイモン・コスグローブ さんの率いるトリオのアルバム「サイモン・コスグローブ トリオ meets 岡崎ブラザース」の発売記念ライブ。出演メンバーは 岡崎好朗(tp) 岡崎正典(ts) サイモン・コスグローブ(pf) 山村隆一(b) アンドリュー・ディクソン(ds) さんのレコーディングメンバー。サイモンさんは英国出身のオックスフォード大卒のインテリで、日本語の読み書きもでき今は大学で教鞭をとっています。普段は時間の関係でライブが出来ませんが、学校が夏休みになったので久しぶりのライブでした。本来はアルトサックス奏者ですが、ピアノも上手なのでピアノの需要が多いのです。お天気が相変わらず悪くお客さまは少なかったのですが、とても聴き応えのある良い演奏でした。
▶いらしたお客さまのほとんどの皆さんがサイン入りのアルバムをお買い上げ頂きました。でも皆様がお帰りになる時はドシャ降りの大雨。雨具をお持ちでないお客さまのために道路に出てタクシーを拾うだけで、私もびしょ濡れになるほどの激しい雨。これで梅雨が上がるのかしら、と思いましたが、どうやらまだまだ続きそうですね。
▶そんなわけで慌ただしく、演奏曲を書いていただくのをすっかり忘れてしまいました。演奏曲はアルバム収録曲のほか、印象に残った曲だけレポートいたします。
♪Off To A Flying Start、♪Bandai Bashi…新潟の「萬代橋」がロンドンの橋に似ていたので作曲された曲です、♪I Should Care、♪You Go To My Hand、♪Orudam、♪Stars Fell on Alabama、♪To John…三歳の息子さんの曲、1944年のアメリカのミステリ映画「ローラ殺人事件」の主題歌♪Loura…テナーサックスをフィーチャー、私の大好きな曲です。♪Mini Strut…よく壊れる愛車のことだそうです。アンコールはサイモンさんが4歳のときにインディー・ジョーンズを見て初めて聴いたという♪Anything Goes…第二作目の「魔宮の伝説」オープニング曲はコール・ポーターのこの曲です。

19071805190718091907180101907180819071801119071807190718021907180319071806

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です