デイリーレポート

力強く聴き応えある久しぶりのトリオ演奏

力強く聴き応えある久しぶりのトリオ演奏

Kyoko

2015年12月10日 木曜日

0 コメント

▶いつもはフロントに三管を入れることの多い守屋さんですが、年に一回は彼女のトリオを聴きたくて私がリクエストしました。守屋純子(pf) 納浩一(b) 広瀬潤次(ds) さんのトリオメンバーで、この三人は守屋さんのオーケストラやセクステットのメンバーでもあるので、先ごろ守屋オーケストラで出した「Play for Peace」の発売記念ライブとしてのステージでした。
▶昨日は「ノー残業デー」で忘年会が多かったのか、いつもの守屋さんにしてはお客さまは少なかったのですが、ファンの方が多くいらしていました。今年は家康の没後400年祭で、家康公のジャズ組曲を作曲して家康公と縁の深い静岡、浜松、岡崎と三都市で交流のお祭りがあり、そこでオーケストラ演奏する一大イベントなどで大活躍された守屋さん、昨夜はピアノトリオで新しいアルバム中の曲を中心に演奏されました。
▶1st.stage…D.エリントン♪In A Mellow Tone、当店の40周年を記念して昨年作曲してくださった♪Forty Years…明るくて良い曲ですよ。H.ハバード♪Up Jumped Spring、T.ドーシー♪I’m Getting Sentimental…と名曲を演奏した後は家康シリーズ、♪Mt.Kuno…家康のお墓がある久能山東照宮はいま国宝になっています、♪戦国のビッグバンド…もし戦国時代の武将がミュージシャンなっていたら、信長はトランペット、秀吉はサックス、家康はトロンボーンを吹いていただろう、と思って作曲されたそうです。面白い見方ですね。
▶2nd.stage…オーケストラの難しいアレンジでトリオ演奏した本邦初演の♪Bye Bye Blackbird、守屋さんの伯母様に捧げた♪A Thousand、スタンダード曲♪Just Friends、家康公シリーズから♪Samurai Sprit of Mikawa Woreion(三河武士魂)、D.エリントン♪ Prelude To a Kiss…とても綺麗な曲です。家康シリーズから♪The Buttle of Mikatagahara(三方原の戦い)…家康が唯一敗北した戦いは家康29歳の時、アンコールはピアノソロでD.エリントン♪I Let A Song Go Out Of My Heart …守屋さンはエリントンが大好きだそうで、この曲はあまり有名ではないけれど好きな曲だそうですが、好きなだけあってとても説得力がありました。

15120903151209041512090515120906

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です