【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

選曲も演奏も私好みのトリオサウンドも聴き手が少なく残念

選曲も演奏も私好みのトリオサウンドも聴き手が少なく残念

Kyoko

2022年06月22日 水曜日

0 コメント

▶珠也さんから「素晴らしいピアニストがNYから返ってきたので一緒に演奏したい」とリクエストがあり、私も興味があったので今回のブッキングとなりました。スエナガ・タカフミ (pf) 粟谷巧(b) 本田珠也(ds) さんの週明け月曜日の《スエナガ・タカフミ トリオ》粟谷さんも珠也さんも私の大好きなリズム隊で、楽しみにしていました。スエナガさんは強力なリズム隊に乗って気持ちよく演奏。とても素晴らしかったのですが、聴きが少なくもったいない思いで聴きました。初めて珠也さんを聴いたお客さまが、凄っごいドラムだ、と何度もおっしゃっていたのが印象に残った夜でした。
▶1st.set…オーネット・コールマンの、スエナガ・タカフミ作♪♪No Where、スタンダード曲ジミー・ヴァン・ヒューゼンの♪Like Soneoke In Love、J.コルトレーン♪Like Sonny、D.エリントン♪Cotton Tail。
▶2nd.set…ビリー・ストレイホーン♪Johnny Come Lately、セロニアス・モンク♪Evidence、スエナガ作♪3 Last One、スタンダード曲♪My One And Only Love、スエナガ作♪Orange Sky でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です