【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

音が出たとたん「これがモダンジャズだ!!」多くの演奏家も集まって…

音が出たとたん「これがモダンジャズだ!!」多くの演奏家も集まって…

Kyoko

2022年06月09日 木曜日

0 コメント

▶昨夜は私も楽しみにしていた《デビット・ブライアント リーダークィンテット》メンバー デビット・ブライアント(pf) デビット・ネグレテ(as) 中林薫平(b) 小田桐和寛(ds)
ゲストトランペッター黒田卓也(tp)さん。黒田さんは確か大昔30年も前の六本木時代に出演したことがありましたが、もちろん渋谷新店は初出演です。長いことNYにいらしてコロナ禍で帰国、ピアノのデビットさんとは(米国人にはデビットという名前が多いですね)NY時代のお仲間です。
▶音が出た途端に緊張感とともに凄いスピード感…これがモダン・ジャズだ!! というサウンドが店内を包み、聴き手にも緊張感が迫ってきました。音楽がビビッドに生きてる感じがするライブジャズの醍醐味ですね。客席には、多くのミュージシャンがいらして、何人かシットインで入れ替わって…ドラマーもデニス・フレーゼさん、テナーの馬場さんほか何人か(顔は浮かんでもお名前が…)私の目指すジャズクラブらしい雰囲気の店内でした。コロナが落ち着いたらNYからの帰国組はどうされるのかしら、皆さん戻ってしまうのでしょうか?日本のジャズ界に活気が戻ってきたのに、ちょっと心配ですが、どんどん若い才能ある人達がでてきていますので、ぜひ皆さんに応援していただいて、元気なジャズ界にしたいと思いました。
▶1st.set…デビット・ブライアント作♪Coat of Arius。ピアニスト ヘイル・スミス作♪I Love Mobil、デビット作♪Lady In The Redskirt。ピアニスト ジョン・カウハード作♪Perceptual。デビット作♪Sweet Lovely。
▶2nd.set…デビット作♪Reliquiae (聖遺物)、♪Astrolabe (天体観測儀)、デビット作
♪Bev’s Bouncy、デビット作♪Higher Intelligence…BSJSレーベルからリリース予定のアルバムタイトル曲です。アンコール曲はシダー・ウォルトンの♪Firm Roots でした。

Comments are closed.