【緊急事態は再延長されました】
緊急事態は再延長につき時短営業も継続。
ライブジャズ文化と演奏家の活動の場を守るため
3/21まで引き続き現在の対応を延長します。
The state of emergency has been
re-extended till March 21th.
We will continue to activities
with a new timetable and measures.
(2021年3月6日付 Mar.6th)

デイリーレポート

溜飲を下げた二つのステージを楽しんだ一日

溜飲を下げた二つのステージを楽しんだ一日

Kyoko

2021年01月21日 木曜日

0 コメント

▶いつも明るく楽しい《SK 4》メンバー 佐藤洋祐(as) 菊池太光(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さん。ファンに楽しんで頂くことを追求し、いろんな心配りをしてステージに臨まれます。メンバーは皆さん売れっ子で演奏しない日は無いくらいでしたが、このところ仕事も次々キャンセルになり、お休みが多くなっているようです。練習はされているようですが、やはり皆が集まってお客さまの前で演奏しないと欲求不満になるようです。そんな演奏家として演奏できる喜びの気持ちが表れている活き活きしたステージで、私も皆さんと一緒に楽しませていただきました。
▶実は昨日の昼下がり、池袋の東京芸術劇場で上演されている芝居「ザ・空気 ver.3」(二兎社/作演出:永井愛)を観てきました。今現在の政権とメディアの実相がリアルに描かれ、政治権力と報道の自己規制に対する鋭い風刺劇になっていて、大変に面白く観ました。軸となっているのは、学術会議に6人の任命を拒否した政権と、それを伝える大手メディアの裏に渦巻く局上層部の思惑や出演コメンテーターの実情です。「あの人の会見だね」「あの局かな」「多分あの番組だね」「あのジャーナリストだね」と思い当たり、小ホールに一席づつ区切られそこそこ入った客席からは、失笑や薄ら笑いや拍手が絶えませんでした。ちなみに佐藤B作さんが演じたのは「御用ジャーナリスト」と言われる政権擁護ジャーナリスト、神野三鈴さんが演じたのは局の方針に異を唱え番組担当から外されるプロデューサーです。東京公演は1/31(日)まで、3月7日まで各地で全国ツアーです。特にお昼のワイドショーを観ている方、ぜひご覧ください。楽しめますよ。
▶1st set…♪Sk 4 Blues、♪Three Little Words、♪Night And Day、♪That’s All、♪Giant Steps。
▶2nd set…♪I’ve Never Been In love Before、♪小犬のワルツ…皆で手拍子で参加、久しぶりに聴いたA.ブレイキーの♪Moanin’、ケニー・バロン作♪Cook’s Bay…タヒチのモーレア島にある湾です。♪What’s Going On…佐藤さんのボーカル入り、アンコールは♪Body And Soul…ミディアムテンポで演奏でした。

Comments are closed.