【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

デイリーレポート

気持ちのいい音楽に元気をもらう毎日

気持ちのいい音楽に元気をもらう毎日

Kyoko

2020年11月17日 火曜日

0 コメント

▶コロナ第三波がいよいよ現実になってきた週明け月曜日。親しいお客さまに聞くと、会社が終わると帰宅を急ぐ方が増えたようで、いつも賑わう《SK 4》のステージも寂しい客席でした。でも 佐藤洋祐(as) 菊池太光(pf) 楠井五月(b) 山田玲(ds) さんの面々は、いらしたお客さまに楽しんで頂けるようステージングを工夫されてきて、熱の入った演奏でした。
▶MCによると…基本的には年長の佐藤さんが周りの動きを見て曲を決めていく父親のような存在。楠井さんはスゴテクの生徒会長、菊池さんは兄のような弟のようなキャラで、山田さんは若いけど意志がはっきりして眼光が鋭い、とそれぞれを評価。私は、なるほどと納得しながら演奏を聴きました。
▶1st set…いつもように♪SK 4 Blues からハッピーに始まりました。♪Three Little Words、♪Autumn Leaves、♪Emily…ジュリー・アンドリュースがエミリーを演じた映画「卑怯者の勲章」の曲で佐藤さんフルートを吹かれました。ピアニスト クレア・フィッシャー作♪Pensativa、お馴染みのコルトレーンの♪Giant Steps。
▶2nd set…D.ガレスピー♪Manteca、K.バロン♪Cook’s Bay…クック湾はキャプテンクックの到着にちなんで付けられたタヒチ島にあります。タヒチは今や「SK 4」の第二の故郷ですね。ホーギー・カーマイケル♪Stardust、ランディ・ウェストン♪Hi-Fly、ケニー・クラークの名盤で名高い♪Bohemia After Dark、アンコールは佐藤さんのボーカル入りで♪What’s Goin’ On。
▶お店の厳しい状況が続いていろいろ心配ですが、気持ちの良い音楽を聴いている時は、頭の中の心配事も消えています。この歳で(来月は八十路の大台です)私が元気なのは、毎日素晴らしい好きな音楽を聴いているからだと思いますよ。自粛ばかりが「ウィズコロナ」ではありません。皆さまも感染に注意して、ぜひいらして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です