デイリーレポート

バランスの取れた都会的上品さに満ちたジャズ

バランスの取れた都会的上品さに満ちたジャズ

Kyoko

2016年04月21日 木曜日

0 コメント

▶メンバーそれぞれの共演歴はありますが、土岐さんをリーダーとする昨夜のメンバーは初共演でした。土岐英史(as) 市原ひかり(tp) 石井彰(pf) 井上陽介(b) 奥平真吾(ds) さんというの豪華メンバーで、皆さんベテランで日本のジャズシーンを代表するような演奏者です。ほとんどが土岐さんオリジナル曲でしたが、どの曲も無理のない心地の良い曲で、お客さまも気持良く楽しんでおられました。お互いを尊重して、中で目立とうという感じが全くなく周りの音を良く聴いて、バランスがとてもよく、都会的な上品さの中にジャズスピリッツのあるいいジャズを楽しませていただきました。
▶1st.stage…♪C Minor…ハ短調そのままの曲で活きよいよく始まりました。♪Picasso’s Holiday…アップテンポの曲にタッチの良いドラムソロが入りました。♪Lady Traveler…バラードでひかりさんのフリューゲルホーンをフィーチャーしました。♪One More Question…ベースソロから始まり、ひかりさんはトランペットに持ち替えて、ベースとドラムのバトルが入る躍動感のある曲で、お客さまは大喜びでした。
▶2nd.stage…♪At The Jazz Club…全員で一斉に4ビートが気持ちいい曲。♪Give Me A Musician’s Break、♪After Dark…ピアノイントロからひかりさんトランペットでソロをとったバラード、♪The Right Time、♪Ma-Ta-Ne !…ハーモニーの素敵な曲でした。
▶米国のグループの方たちが初めから終わりまでとても熱心にお聴きになり、帰り際に、音楽も音もとても良かったとお誉めにあずかりました。嬉しかったです。折しも昨夜は3月27日付けのこのレポートブログでご紹介したインターネット・ラジオの第3回目の収録日でした。放送日が決まりましたら、お知らせいたします。ぜひお聴きください。

160420011604200216042006160420051604200416042003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です