デイリーレポート

音の会話が豊かに発展し選曲も新鮮で緊張感ある素晴らしい演奏

音の会話が豊かに発展し選曲も新鮮で緊張感ある素晴らしい演奏

Kyoko

2019年02月13日 水曜日

0 コメント

▶個性の違う三人が揃いました !! 須川崇志さんがリーダーをとった 須川崇志(b) 林正樹(pf) 石若駿(ds) さんのトリオ。須川さんは本来はチェリストですがベースの需要が多いのでベースを弾いているミュージシャン、石若さんはクラシックからジャズまで何でも出来る天才ドラマー、林さんは音楽ジャンルの壁がなくいろんな分野で活躍している人。昨夜も音の会話も豊かに発展して、さて次は何が…ライブジャズらしい緊張感が店内に満ちて楽しい時間を過ごさせていたたきました。
▶選曲も素晴らしく、菊池プーさんの懐かしい曲や、マル・ウォルドロンやカーラ・ブレイの曲など普段は聴かないような曲、そして須川さん林さんの曲も演奏され、とても興味深く聴きました。いらしたお客さまにも私にも最高に楽しく刺激的なステージでした。
▶1st stage…ウディ・ハーマン楽団でヒットしたスタンダード曲♪I’ll Remember April、 菊地雅章プーさんの曲♪Little Abi、須川さんのオリジナル曲3曲♪Ancient Blue、♪Under the Spell、♪El Chalten。
▶2nd stage…箏曲奏者八木美知依作♪十六夜 (いざよい)…チェリストらしい選曲で初めて聴きました。カーラ・ブレイ♪Valse Sinistre、林正樹作♪Consequence、マル・ウォルドロン♪Fire Waltz、アンコールは♪Body And Soul でした。

1902120719021204190212081902120219021205190212031902120619021201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です