デイリーレポート

無駄な音のない美しい音色で選曲も素敵

無駄な音のない美しい音色で選曲も素敵

Kyoko

2017年07月14日 金曜日

0 コメント

▶岡崎正典(ts,ss) 野本晴美(pf) 大塚義将(b) さんのワン・ホーントリオは、今回もJ.コルトレーンの楽曲の特集でした。正典さんの音色は、テナーもソプラノも音色が柔らかく綺麗で、低音から高音までなめらかなので耳に心地よい音色で私は大好きです。野本さんのピアノも、一音一音が丁寧でビ・バップの基本をよく理解していて、バッキング・ピアノが胸にキュンと来る時があります。大塚さんはまだ若いですけど、真ん中でそんな左右の音をよく聴いてしっかりしたサポート。私が若い頃、ジャズ黄金時代に夢中で聴いていた好きな曲を、生で聴くことが出来て、若かりし頃を思い出しました。
▶1st.stage…J.コルトレーン♪Spatial、同じく♪India…ソプラノサックスで。♪Big Nick…「エリントン&コルトレーン」に入っている曲、聴きにいらしていた 山田よしひさ(ds) さんが入りました。♪Bessie’s Blues…聴きにいらしていた、いま正典さんが教えている19歳の生徒さん 岡野ひろむさんがアルトサックスを一緒に吹きました。トリオに戻って♪Naima コルトレーンの全盛期1965年の作品、とても良かったです。コルトレーン・アレンジで♪Summertime。
▶2nd.stage…♪トリオ演奏した曲をメモるのを忘れました。48歳で亡くなったコルトレーンの亡くなる3年くらい前の静かな曲♪Well Come…ソプラノサックスで。同じく♪Living Space…ピアノソロが聴きごたえありました。♪I Love You…ドラムスとアルトが入ってクィンテットで演奏。トリオ演奏で♪Say It…いいバラードで私も好きです。ブルースで♪Cousin Mary、アンコールは♪I Want Talk About You で静かに終わりました。
▶とても聴きごたえのある演奏でしたが、聴き手が少なくて勿体無い思いでした。でも大丈夫、すぐまた次回があります。来月早々、8月1日です。皆さまぜひ聴きにいらして、私と一緒に楽しませんか。ファンになられますよ。

170713011707130317071305170713021707130417071306

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です