【“50周年の夏” 特別企画 目白押し】
7月末~8月~9月まで
“ジャズ専門店”ならではのステージ
ここは人生を豊かにする“サードプレイス”
8月スケジュール更新/公開
(2024年7月1日付 July 1st.)

デイリーレポート

日・米・豪の豪華メンバーによる緊張感とスピード感ある素晴らしい音の会話

日・米・豪の豪華メンバーによる緊張感とスピード感ある素晴らしい音の会話

Kyoko

2023年09月20日 水曜日

0 コメント

▶三連休明け昨夜は《デビット・ブライアントクィンテット》メンバーは デビット・ブライアント(pf) レイモンド・マクモーリン(ts) 井上銘(g) マーティー・ホロベック(b) 小田桐和寛(ds) さんと、デビットさんが選んだ現在の日本ジャズ界でのベストメンバーとも言える豪華メンバーで、ユニットとしては2回目の当店出演でした。皆さんそれぞれが説得力あるプレイで、緊張感とスピード感ある素晴らしい演奏でした。
▶デビットさんは今は日本在住ですが、NYで最も注目されていたピアニストで、作曲の才能も豊かな方で、昨夜もスタンダード曲と多くのオリジナル曲が演奏されました。連休明けでしたのでお仕事の都合がつかなかったのか、予約をされてもご来店になれなかった方も多く、とても残念でもったいない演奏でした。客席には小田桐さんのお母様が聴きいらしてました。お父様はクラシックでは有名なトロンボーニストでいつもご夫婦でいらっしゃいますが、昨夜はご自分のレコーディングがあったようでした。
▶私はいい演奏を聴きながら、ステージをちょっと引きで観たら、日・米・豪の面々がジャズという世界共通言語でお互いを尊重しながら会話している姿は、分断が進む世界を考えると、音楽は素晴らしいなあと思いながら聴いていました。
▶1st.set…デビット・ブライアント作♪Coat Of Arms、デビット作♪Reliquiae (化石)、ドラマー トニー・ウィリアムスの♪Hand Jive、デビット作♪Red Skirt、デビット作♪Avitas (ラテン語祖先)。
▶2Nd.Set…デビット作♪Astrolabe (古代の天体観測用機器)、ピアニスト デューク・ピアソンの♪Is That So、デビット作♪Bev’s Bounce、T.モンク♪Round Midnight、W.ショーター♪Fall、アンコール曲はホーギー・カーマイケルの♪Stardust。デビットさんのオリジナル曲はタイトルが哲学的ですね。

Comments are closed.