【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

気持ちよく楽しんで歌われた久しぶりのライブステージ

気持ちよく楽しんで歌われた久しぶりのライブステージ

Kyoko

2022年05月18日 水曜日

0 コメント

▶当店初出演のシンガー 上西千波さんと守屋さんのグループ 守屋純子(pf) 岡崎好朗(tp) 近藤和彦(as) 岡崎正典(ts) 納浩一(b) 藤井学(ds) さんのセクステットとの共演ステージだった昨夜。上西さんは守屋さんの紹介でした。アルバムデビューは20年前、プロディースは当店に何度も出演されているベーシスト ロニー・プラキシコさんがNYでされています。しっかりしたヴォーカルでMCトークも上手で、とても良いと思いました。現在は別の活動をされていてライブステージは三年ぶりくらいだということでしたが、フロントに三管を据えた豪華なバッキングメンバーで気持ちよく歌われました。曲はすべて守屋さんのアレンジです。選曲のコメントを丁寧に書いてくださいましたので、要約して以下レポートします。
▶1st.set…♪Moon Dance…英国のヴァン・モリソンのヒットソングをスウィングリズムで。ホレス・シルバーの♪Permit Me To Introduce You To Yourself…ハッピーなセカンドライン(ニューオーリンズリズム)とスウィングのリズムで。 ♪The Toky Blue…ホレス・シルバーが日本を旅した時に作った曲でオリエンタルなメロディー。♪What A Wonderful World…日本の春を思いながら平和を願って歌われたということです。ヘンリー・マンシーニの曲を軽やかに♪Moon River、G.ガーシュインの♪Fascinating Rhythm、チックコリア♪Spain。
▶2nd.set… D.エリントン♪It Don’t Mean A Thing (スイングしなけりゃ意味ないね)、Gガーシュイン♪Love Is Here To Stay…一雨ごとに夏に近づく爽やかな今の季節をスローボッサで。同名映画より♪New York, New York、J.コルトレーンのお馴染み曲♪Say It。♪A Thousand Crane (千羽鶴)…守屋さんの曲に出身地広島の原爆像をモチーフに書いた歌詞をつけた曲で子供たちにも歌ってもらいたい、と歌われました。キューバ出身のコンガ奏者モンゴ・サンタマリア作♪Atre Blue、映画「晴れた日には永遠がみえる」より♪On A Clear Day、アンコール曲は、世界中の子供たちが幸せでありますようにとS.ワンダー♪Isn’t She Lovely でした。

Comments are closed.