【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

スリリングなスピード感とグルーブ…NYの風が吹いた夜

スリリングなスピード感とグルーブ…NYの風が吹いた夜

Kyoko

2021年10月21日 木曜日

0 コメント

▶昨夜は、デビット・ブライアント(pf) マーティー・ホロベック(b) 石若駿(ds)さんの《デビット・ブライアント トリオ》南青山より店舗がほぼ倍になっているので、お客さまがどれくらいらしてくださるか私は毎日心配ごとが増えた気がしています。が、昨夜もそこそこ埋まり、いろんなミュージシャンも遊びにいらしてくれて賑やかな店内になり、飛び入り演奏もあり、聴き応えのある楽しいステージになりました。
▶演奏曲は、ほとんどがオリジナル曲でした。石若さんのドラムスもコントロールが効いていて、激しくパワフルなのに全然うるさい感じがなく、素晴らしい演出で音楽を盛り上げていました。流石、天才と言われるドラマーです。楽器を持って遊びにいらした馬場智章さん、NYでは時々一緒に演奏されていて現在は一時帰国中ですが、飛び入りで演奏。デビットさんのオリジナル曲を、テナーらしい音色で、初見の譜面でしっかり吹かれたのには感心しました。スピード感と緊張感の、新店に吹いた初NYの風ライブ、極上のピアノトリオを堪能しました。次回は12/2(木)、南青山店からの続きのライブレコーディングを行う予定です。皆さまぜひ拍ご参加お願い致します。
▶1st set…マーティー・ホロベック作♪♪Let Others Be the Judge of You、デビット・ブライアント作♪Void (ぽっかりあいた穴)、デビット・ブライアント作♪Theory of Relativity (相対性理論)、ギタリスト ラルフ・タウナー作♪Tramonto、デビット・ブライアント作♪Murray’s Steps。
▶2nd set…デビット・ブライアント作♪Souless Dwelling、デビット・ブライアント作♪Deep Sea Dancers、デビット・ブライアント作♪Pinot Imo、バラードで♪Body And Soul。馬場智章(ts)さん入ってデビット・ブライアント作♪Avitas、続いてデビット・ブライアント作♪Red skirt でした。

Comments are closed.