【緊急事態 全面的に解除】
6/19(金)都の休業要請・国の移動制限、
全面解除
感染リスクのコントロールは
店舗と個人に任されました
当店は「ニューノーマル」のもと営業中です
We started live performances on May 26th
in line with the [New Normal] guidelines.
(2020年6月22日付 June 22nd)

デイリーレポート

営業再開初日!私の脳も活動し始めました!

営業再開初日!私の脳も活動し始めました!

Kyoko

2020年05月27日 水曜日

1 コメント

▶緊急事態がステップ1に移行し、当店は「ニューノーマル」実施の下、営業を再開いたしました。3月26日から休んでいましたからちょうど2ヶ月ぶりです。私は一昨日「BODY&SOUL ファミリー」だったジミー・コブさんがお亡くなりになったニュースで沈んでいたのですが(昨日追悼文を載せました)……生音が出た途端に脳が動き出し、まず嬉しくなりました。
▶再開初日は《佐藤ことみ セクステット》メンバーは、類家心平(tp) 吉本章紘(ts) 栗田妙子(p) 鉄井孝司(b) 佐藤ことみ(ds) さんとゲスト: 荻原亮(g) さんです。このユニットは、私とことみさんの大好きな故ロイ・ハーグローブさんの曲を演奏する、日本では多分唯一のコンボです。よくテレビでアスリートの方が、身体を動かす感覚がダメになってる、と言ってるのを聞きましたが、それはミュージシャンにとっても同じこと。皆さん最初は感覚を取り戻すのに戸惑っている感じでした。何しろ2ヶ月ぶりです。私のこのブログレポートも書き方を忘れてしまっていました(一応、自分なりのフォーマットがあるのです)すっかり老化してボケてしまっていた私の脳も、大いに刺激を受けて活動し始めた感じです。至福の時を過ごすことが出来ました。やっぱりライブジャズには、人を元気にする力があります。認識を新たにしました。
▶1st set…ジミー・コブさんを追悼して♪Velera~♪Pas de Trois…ジミー・コブさんはリーダーアルバムは少ないのですが、ロイさんも彼のドラムが大好きだったようで、ロイさんの初期のアルバム「ファミリー」に参加しています。ロイ・ハーグローブ作♪Strasbourg St. Denis…「ストラスブール サン=ドニ」はパリ2区の歌舞伎町のような歓楽街、テナー奏者ルー・マリーニの♪Starmaker、ロイ・ハーグローブ♪Soulful。
▶2nd set…ロイ・ハーグローブ♪Roy Allan、リスチャン・マクブライド♪The Shade of the Cedar Tree、テナー奏者キース・アンダーソンの♪Pastor、ロイ・ハーグローブ♪Liquid Streets。
▶追悼して演奏してくださった曲を聴きながら、物静かで優しかったジミーさんのことが走馬灯のように脳裏をめぐりました。若かった頃はBSファミリーのエディ・ゴメスさんがジミーさんのドラムが大好きで、エディさんのいろんな公演にも参加していて、ほぼ毎年来日されていました。当店の今のドラムセットは、ジミーさんも叩いていたセット。終演後ことみさんに伝えると「叩く前に聞いたら恐れ多くて叩けなくなっていた」と。私にとっては、色んな意味で記憶に残る夜になりました。
▶このあとのスケジュールですが、今週3日間はお休みで(ミュージシャンと相談の結果です)土曜日は、伊藤君子(vo)さん。バッキングは若井優也トリオです。2ヶ月ぶりのボーカルが聴かれるので私も楽しみです。ちなみに、お客さまの数は、さすがに再開告知が昨日の今日で9名。ゆったりとお楽しみいただけました。
▶追伸:忘れました。
お客さまから、再開を祝して大きく素敵なお花をいただきました。気持ちがとても華やかになりました。ありがとうございます。

これが「ニューノーマル」の集合写真…な〜んですかねぇ。
お客さまが再開を祝してお贈りくださいました。ありがとうございます。

コメント 1件

  1. 五野洋 says:

    再開おめでとうございます。
    これからもよろしくお願いします。