【4回目の緊急事態発令に伴う対応】
当店はこれまで通り都の要請を順守
7/12(月)から8/22(日)まで
酒類提供を自粛し
20時までの時短営業もしくは
デイタイムライブで対応します。
(2021年7月9日付 July.9th)

デイリーレポート

新しい編成の素晴らしい若きトリオ

新しい編成の素晴らしい若きトリオ

Kyoko

2014年08月22日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は楠井五月(b)さんの当店初めてのリーダーライブ、加納奈実(as,ss)さんと禿(かむろ)耕平(g)さんの若者トリオでした。ピアノもドラムスもないトリオ編成で、昔、ジム・ホール(g)とジミー・ジェフリー(ts,cl) がジャズの可能性を追求したのと同じ編成です。若き楠井さんはそれを頭において組み、リハーサルを何回もして、準備万端整えて本番に臨まれました。
▶暑いのに、きちんとスーツを着て、心構えから違います。スーツ姿のステージは締まります。ぜひほかのミュージシャンもこの若者たちを見習ってほしいものです。お客さまに聴いていただくという敬意が表れていて、聴く方も気持ちが良いものです。
▶選曲も渋く演奏もシンプルで、ひとり一人の音がよく聴こえて、とても素敵でした。奈実さんの柔らかく歌うサックス、禿さんのセンスの良いギター。当店初出演で注目していたのですが、バークリー音大出身で作編曲もこなす素晴しいギタリストでした。楠井さんは今や若手NO.1のベーシストで、昨夜の編成をみても分かるようにとても勉強熱心でいろいろなことに挑戦しています。当店にも度々出演してもらっていますが、リーダーとなるととても緊張したということです。責任感も強い若者です。
▶1st.stage…J.ジェフリー♪The Easy Way、S.ゲッツ♪For Brother、禿アレンジの♪Every Time We Say Good By、♪Topsy、奈実さんをフィーチャーして♪Brord of Sad Yang Man、J.ジェフリー♪The Green Country、♪New England Mood…奈実さんはソプラノサックスから途中でアルトサックスに持ち替えました。実際J.ジェフリーさんはクラリネットやいろいろ吹きこなす人でよく持ち替えたそうです。♪The Song Is You。
▶2nd.stage…禿作♪Sniffin’、禿アレンジの♪Summertime…奈実さんアルトサックスで。楠井作品♪Blues Is This Hear…は、ご自身のベースイントロから。そして、このトリオのために楠井さんが5月に作曲してまだタイトルのない♪バラード…奈実さんがソプラノサックスを吹きました。今度は奈実さんはアルトで♪My Shining Hour、アンコールは♪Blue Monk。
▶終演後は、お客さまひとり一人にお礼を言って客席を回っていました。期待以上に良かったのでさっそく次回の出演を11月17日(月)に決めさせていただきました。週明け月曜日ですが、若いこの素敵なトリオを私と一緒に育てるつもりで応援してあげてください。応援したくなる素晴らしいトリオですよ。

1408211140821214082131408214

Comments are closed.