デイリーレポート

自由人たちのきれいな音色の音の会話を楽しんだ夜

自由人たちのきれいな音色の音の会話を楽しんだ夜

Kyoko

2019年03月13日 水曜日

0 コメント

▶小沼ようすけさんのトリオ出演メンバーはカイ・ペティート(g,vo)さんと岩原大輔(perc)さん。カイさんは小沼さんと同じ鎌倉方面に、岩原さんは横浜に住んでらして時々この三人でセッションを楽しんでいるようです。小沼さんはスペインに旅をして帰国したばかり。岩原さんはアフリカのギニヤに一ヶ月ほど滞在して帰国したばかり。皆さん自由に自然体で生きている方たちで、やはりウマが合うのかしら。昨夜のステージも、アイコンタクトで音で会話しながら、音楽がどんどん発展していく…まさにライブならではの醍醐味でした。
▶小沼さんはギターを三本持ち込み、曲によって持ち替えて、ギターとパーカッションの音の会話は早口言葉のような面白さがありました。岩原さんが右足に付けた多くの鈴がいい感じで時々鳴ったり、ギターの弦を張っているカイさんの Fendor Bassが独特の音で加わったり、特別チューニングされたフレットレスギターを弾いたり。皆さん音色がきれいで、サウンドが自然に流れるように店内を満たしていました。すべて小沼さんのオリジナル曲です。
▶1st stage…♪Flyway、♪The Elements、♪kai Solo)、♪Beyond the Sea、♪Moai’s tikai。
▶2nd stage…♪Terre、♪Flowing、♪Duo ka、♪Ti punch、アンコールは小沼さんのソロで♪新曲…ご自分のこれまでの人生を日記のように書いた曲でした。

19031202190312041903120319031205190312061903120719031201219031201119031208

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です