デイリーレポート

改めて演奏とステージングとMCと…センスの良さに関心

改めて演奏とステージングとMCと…センスの良さに関心

Kyoko

2018年11月22日 木曜日

0 コメント

▶フロントが中低域管楽器三管のユニークなセクステット《南青山六丁目楽団》メンバー、フロント陣 岡崎正典(ts) 片岡雄三(tb) 山岡潤(euph) バック陣 野本晴美(pf) 大塚義将(b) 高橋徹(ds) さん。結成、もう10年近くなるかしら、最近は完成度が一層高くなってレパートリーも増え、このユニットのサウンドがしっかり出来上がってきていて、固定ファンも確実に増えてきています。「名付け親」の私も嬉しいです。
▶アレンジは(中低域楽器だけですからかなり難しく時間とエネルギーがかかります)正典さんが毎回この楽団用に譜面をおこされますが、昨夜は改めて、正典さんのセンスの良い洒落たアレンジに感心しました。司会進行MCも興味をそそるような楽器の話などしてくださってとても楽しく勉強になります。
▶1st.stage…レイモンド・ブラウン♪Ray’s Idea、T.モンク♪Misrerioso…山岡さんのユーホニアムのソロ入り、♪Take The A-Train……ジャズファンならずとも誰もが分る曲ですが、イントロをピアノトリオで演奏し「曲当てクイズ」しました…皆さんわかったようでした。ホレス・シルバー♪Peace…綺麗なバラード演奏。A.C.ジョビン♪No More Blues…(ds)と(ts)のソロ入り。
▶2nd.stage…クインシー・ジョーンズ♪Jessica’s Day…(ts)(tb)のバトル入りでした。ジム・ホール♪Slam…アレンジが素敵でした。R.チャールズ♪Hit The Road Jack、♪I Won’t Talk About You…三管のハーモニーがとても綺麗でした。♪It Ain’t Necessarily So、アンコールはコルトレーンの名盤から♪Blue Train。
▶正典さんの興味深いMC、少しご紹介。フロント三管の楽器の話をそれぞれ奏者を交えて話されましたが、サックスの発明者はアドルフ・サックスで(だからサキソフォーン)いろんなものを発明された方だそうですがサックスだけが有名になったそうです。次回は来春4月4日(木)です。片岡さんの超絶に上手いトロンボーン、正典さんの深いテナーの音色、ジャズではめったに聴けないユーホニアム…ぜひいらしてください。耳に優しい温かく粋なサウンドセンスとMCに癒やされますよ。そしてきっとファンになられますよ。

1811210118112105181121081811210618112102181121031811210418112107181121010

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です