デイリーレポート

飛び入り演奏が多いのも山本ワールドならでは

飛び入り演奏が多いのも山本ワールドならでは

Kyoko

2018年09月17日 月曜日

0 コメント

▶ギックリ腰をやってしまった香川裕史(b) さん、いつも元気な大隅寿男(ds) さん、の山本剛(pf) トリオ《スウィンギー トリオ》は、演奏スタイルだけでなくステージもジャジーです。「飛び入り」が入ることが多いのです。そんな自由奔放によく合うウィングする山本ワールドに魅せられた長年のファンも多く、昨夜も気心知れたお客さん同士、ハッピーな時間を共有されていました。
▶1st.stage…G.ガーシュイン♪Somebody Loves Me、ホーギー・カーマイケル♪Georgia On My Mind…今はジョージア州の州歌です。B.バカラック♪The Look Of Love、十八番(おはこ)♪Misty、スタンダード曲♪Savoy、山本作♪Sunday At Body。
▶2nd.stage…スタンダード曲Poinsiana、♪Blue Moon…「浮気しないで、遅刻しないで、風邪引かないで…」など合いの手が入りました。♪Stardust、♪Autumn Leaves…順天堂病院小児科の武田先生が飛び入りでアルトサックスを吹かれました。彼は順天堂大のジャズ研の頃当店で演奏したことがあって、その柔らかい心地よい音色に「お医者さんにするにはもったいないわ」と言ったことがありました。相変わらずいい音色でしたよ。剛さんのご友人で時々歌う女性を呼び出して、ファンタジー・アドベンチャー映画「チャーリーとチョコレート工場」から♪Pure Imagination…とても良い声でした。♪Nature Boy、♪月の砂漠~♪ダイナ、最後は皆で恒例の「バカヤロー!」を大声で叫んでストレス発散して終わりました。

1809160518091602180916031809160418091606

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です