デイリーレポート

リラックして増々輝いて魅力的な説得力あるステージ

リラックして増々輝いて魅力的な説得力あるステージ

Kyoko

2018年07月01日 日曜日

0 コメント

▶6月の最終日、ペコちゃん(伊藤君子(vo)さん)の心のこもったステージで締めくくりました。昨夜のバッキングピアノは彼女が娘のように可愛がっている片倉真由子さん、ベースは信頼厚い坂井紅介さん、ドラムスは旦那様の海老沢一博さんの気心しれたメンバーで本領発揮、説得力のあるステージを繰り広げました。私とは一番長いお付き合いで、古希を過ぎてもますます輝いている姿にいつも感心させられます。梅雨も明けたようで、真夏のような暑い夜になりました。そのせいでしょうか、いつもよりお客さまは少ないようでしたが、ステージは温かい雰囲気で和やかな雰囲気でした。
▶1st.stage…♪Speak Low、♪When I Fall In Love、♪I’ve Got You Under My Skin、
♪A Night In Tunisia、アップテンポで♪New York State Of Mind…ペコちゃんがNYに住んで修行中、私が会いに行った大昔のことを思い出しました。♪Who Can I Turn To?、津軽弁バージョン♪Yesterday(ビートルズの方)…「イエでしたで〜」と歌っていました。♪Save The Last Dance For Me、♪Round Midnight、美空ひばりシリーズ「慕情」から♪Love Is a Many-Splendored Thing、♪一本の鉛筆…心に響く詞ですね、♪Skylark、さぁデュワデュワと行きましょうと♪It Don’t Mean A Thing、アンコールはヒット曲♪Follow Me で綺麗に終わりました。
▶さあ7月、もう半年が過ぎたのですね。最近は、動作も頭の回転も随分遅くなっていることを毎日自覚させられています。もう一年ごと、というより半年ごとですね。歳を取ることのほんとうの意味が、最近特に感じるこの頃。元気なペコちゃんを見ていると、いつも自分の歳を感じます。

180630011806300518063003180630041806300218063006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です