デイリーレポート

選曲も演奏もジャズ好きにはたまらないステージ

選曲も演奏もジャズ好きにはたまらないステージ

Kyoko

2017年07月25日 火曜日

0 コメント

▶タイプの違う 岡崎好朗(tp) 松島啓之(tp) さんの2トランペッターをフロントにした 田中菜緒子(pf) 伊藤勇司(b) 広瀬潤次(ds) トリオのクィンテットは、当店でしかでしか聴けない編成ということで興味を持ったお客さまが聴きにいらしてくれて、月曜日でしたが客席はよく埋まりました。あるいは美貌のピアニスト菜緒子さんが参加しているのも、興味をそそれたのかしら。今度彼女はピアノトリオでメジャーデビューするので、その宣伝効果があったのかもしれません。
▶いずれにしろ暑さも吹き飛ぶ熱い演奏で、ジャズファンにはストレス解消になる気持ちのよい演奏を繰り広げました。菜緒子さんは幼い時からクラシックを勉強して桐朋音大卒。その時ジャズの魅力に取りつかれた九州出身の芯の強い「火の女」で、ビ・バップを基礎にした豊かな響きの味のあるピアニストです。そんなピアノトリオをバックに、フロントの二人が伸び伸びと演奏。演奏者も聴き手もいい感じに時間を共有した夜でした。
▶1st.stage…ハンク・モブレー♪Take Your Pick…全員一緒に出ていい感じのスピード感で最後も一緒に終わりました。D.ガレスピー♪Tin Tin Deo…ベースイントロから出た明るく楽しい曲でペットの二人のソロも素晴らしかった。サド・ジョーンズ♪Lady Kuck…ピアノソロ入りでとても良かった。松島さんをフィーチャーしたバラード♪Skylark…美しいピアノのソロから出てペットもよく歌っていました。F.ハバード♪Jodo (浄土)…全員一緒に出て2ペットのバトルとドラムソロ入りでした。
▶2nd.stage…♪Brownie 2ペットで出たアップテンポで元気が出る曲、作曲者は元ヘレン・メリルの夫で、ブラウニーはクリフォード・ブラウンのこと。♪Pisces…ワルツの曲、♪CA-Lee-So (カリプソ)…軽快なカリプソの曲で2曲ともリー・モーガンの曲。岡崎さんんをフィーチャーして♪You Don’t Know What Love Is…トランペットが切々と泣きました。リー・モーガン♪Midtown Blues…2ペットで出た明るい曲。アンコールは♪I’ve Never Been Love Before…途中で♪Candyのフレーズが入ったりしてハッピーに終わりました。
▶いい編成のいいメンバーのいいユニットですが、皆さんが忙しいのでなかなかブッキングが難しくて…次回は来年1月25日なります。半年先の真冬ですが、ぜひお聴きください、きっとファンになられますよ。

170724071707240417072401170724021707240517072403

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です