【50th Aniv.Special Live】
「50周年の夏」特別企画 第1弾は7月末〜
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
7月スケジュール更新/公開
(2024年5月28日付 May.28th)

デイリーレポート

普段聴かれない曲をいいドラミングで楽しんだ夜

普段聴かれない曲をいいドラミングで楽しんだ夜

Kyoko

2024年06月06日 木曜日

0 コメント

▶昨夜は《北澤大樹リーダークァルテット》ドラマー北澤さんが選んだメンバーは 松原慶史(g) 成田祐一(pf) 古木佳祐(b) さん。北澤さんと松原さんは、ノース テキサス大学の同級生です。この大学は音楽がに力を入れていて、校舎もとても広く、練習する場所も沢山あって、授業のあとは自由に練習できる環境だったということです。
▶昨夜久しぶりにいらしたお客さまが、いやー素晴らしいドラマーだ、と感動されていました。私も彼のドラムが大好きで、当店に出るユニットなどに紹介。色んなバンドやバックメンバーに参加されていますが、帰国して日が浅く知名度はまだイマイチ。松原さんのギターも音色が良く、楽器がよく歌い素晴らしいと思いました。成田さん古木さんも、楽しんで演奏されていました。演奏曲は、普段ほとんど聴かない曲もあり、楽しませていただきました。このメンバーで再演する予定で、いま次回をスケジュールを調整しています。乞うご期待。
▶1st.set…ジェローム・カーンのミュージカル曲♪Nobody Else But Me、ドラマー アリ・ホーニグ♪The Painter、ピアニスト エルモ・ホープの De Dah、パット・メセニー♪Missouri Compromise。
▶2nd.set…W.ショーター♪Pinocchio Fall、ベーシスト マーク・ジョンソン♪Samural Hee-Haw、J.コルトレーン♪Central Park West、アンコール曲は北澤大樹作♪A Long Walk of Syntagma でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です