【インバウンドもアウトバウンドも】
「NYのジャズクラブみたいね」
今年50周年 東京の老舗がいま熱い
渋谷公園通りの“ライブジャズ専門店”
3月までのスケジュール更新済み
(2024年2月1日付 Feb.1st)

デイリーレポート

久しぶりに聴いた「楽器の王様」のファンキーでゴキゲンな楽しいジャズ

久しぶりに聴いた「楽器の王様」のファンキーでゴキゲンな楽しいジャズ

Kyoko

2023年12月02日 土曜日

0 コメント

▶久しぶりにハモンドオルガンの音色を聴いて「やっぱり楽器の王様だ」と改めて思いました。《河合代介ハモンドオルガンジャズ》昨夜のメンバーは 河合代介(org) 大槻カルタ英宣(ds) 道下和彦(g) さん。とにかく共鳴箱が冷蔵庫くらい大きく重く、特に当店は階段があるので搬入搬出が大変ですが、いつも河合ご夫妻でなさっています。しかも演奏には脚をよく使います。河合さんも特に脚には気をつけて大切なさってほしいと思います。
▶ハモンド・オルガンといえば、故ジミー・スミスさん。当店には本当によく来て下さいました。最後の方は足が痛くて、薬を飲みながら演奏されていたのを思い出します。カルタさんも道下さんも、当店出演は10年以上ぶりでした。とても楽しい演奏で、久しぶりに温かいファンキーな演奏を楽しませていただきました。
▶1st.set…ラリー・ヤング♪Talkin’ About JC、ジェームス・イングラム♪One Hundred Ways、グラント・グリーン♪Jean De Fleur (仏語で造花)、ジミー・スミス♪Mimosa、ボブ・マーリー♪Mellow Mood。
▶2nd.set…クリフォード・ブラウン♪Blues Walk、マット・デニス♪Angel Eyes、♪Snow Here In The Night、スライド・ハンプトン♪Frame For The Blues、ジミー・スミスの♪Ready’n Able、アンコール曲はボブ・バーグ♪Friday Night At The Cadillac Club でした。

Comments are closed.