【インバウンドもアウトバウンドも】
「NYのジャズクラブみたいね」
今年50周年 東京の老舗がいま熱い
渋谷公園通りの“ライブジャズ専門店”
3月までのスケジュール更新済み
(2024年2月1日付 Feb.1st)

デイリーレポート

初リーダー出演も引き込まれるような素晴らしいトリオサンド

初リーダー出演も引き込まれるような素晴らしいトリオサンド

Kyoko

2023年11月28日 火曜日

0 コメント

▶週明け昨夜は当店初のリーダー出演 粟谷巧(b) 紅野智彦(pf) 柳沼佑育(ds) さんの《粟谷巧トリオ》ピアニストは、大昔六本木時代に出演したことのある紅野さん。お名前は忘れていて初出演かと思っていたのですが、どこかで聴いたピアノの音色だと思い伺ったら、やっぱり昔聴いたことがある方でした。粟谷さんが彼のピアノが好きで頼んだということでした。柳沼さんは小柄ですが、実に小気味良い切れのあるドラミングで、どこからあのパワーが出て来るのかいつも感心します。きっと努力の賜物だと思います。引き込まれるような素晴らしいトリオ演奏でした。
▶1st.set…映画「恋のときめき」の挿入歌スタンダード曲♪I Should Care、スタンダード曲♪Green Dolphin Street、ジミー・ヴァン・ヒューゼン♪Darn That Dream、同じくジミー・ヴァン・ヒューゼン♪Like Someone In Love、粟谷巧作♪Minor Chase。
▶2nd.set…秋の定番♪Autumn Leaves、ドラマー ケニー・クラークの♪Soho、スタンダード曲♪Old Folks、トランペッター ベニー・ハリス♪Ornithology、元はスウェーデン民謡♪Dear Old Stockholm、 レイ・ヘンダーソン♪ Bye Bye Blackbird でした。

Comments are closed.