【今年50周年 東京の老舗がいま熱い】
「NYのジャズクラブみたいね」
欧米インバウンド客にも高評
渋谷公園通りの“ライブジャズ専門店”
4月のスケジュール更新済み
★スタッフ緊急募集中★
(2024年3月1日付 Mar.1st)

デイリーレポート

アレンジも独特で色々楽しめた外人客の多い初リーダーステージ

アレンジも独特で色々楽しめた外人客の多い初リーダーステージ

Kyoko

2023年11月10日 金曜日

0 コメント

▶昨夜はドラマー大村亘さんの当店初リーダーセッションで、選んだメンバーは 石崎忍(as) トニー・サッグス(pf) 古木佳祐(b) さん。大村さんはインドの民族打楽器タブラの魅力にハマりインドに何度も行って勉強されています。昨夜はそのタブラを持ち込み演奏されました。ステージが始まるとどこからか独特の音がして店内に響きました。お客さまは一瞬分からないでいると、彼がステージの床に直に座り込んで叩いていたのです。独特のいい音です。立ち上がってドラムスの前に座ると、皆さんの大拍手。
▶昨夜の店内は、日本人より外国からいらした方が多く、さすが大村さん、MCトークを流暢な英語でされて、外国の方もいろいろ理解できたようで、お帰りの際は皆さんとても良かった、いいクラブだ、日本にいる間にまた来る、ということで私も嬉しくなりました。旅行客の方に聴くと、皆さん日本の紅葉を見に来日しているようで、明日は京都に行くとか。演奏曲は、お馴染みのスタンダード曲も大村さんのアレンジが独特で、石崎さんのアルトの音色も綺麗で、大変楽しめました。
▶1st.set…タブラ演奏で♪Free Improvisation (即興演奏)。大村さんの変則的なブルースアレンジでJ.コルトレーンの♪Locomotion。秋の定番♪Autumn Leaves、ホレス・シルバー♪Peace。
▶2nd.set…トニー・サッグス作♪Minor Urge、G.ガーシュイン♪Summertime、ロイ・ハーグローブ♪Roy Allan、D.エリントン♪Caravan、アンコール曲はトニー・サッグス作♪Groove Time でした。

Comments are closed.