【私の“サードプレイス”】
さぁ、新年度。 職場と家庭の息抜きに
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
今年50周年のBODY&SOUL
4月のご案内&5月スケジュール更新
(2024年4月8日付 Apr.8th)

デイリーレポート

目と耳で楽しめるシンガーきっとファンになられること請け合い

目と耳で楽しめるシンガーきっとファンになられること請け合い

Kyoko

2023年06月24日 土曜日

0 コメント

▶3ヶ月ぶりのEMA(vo)さんの金曜の夜のヴォーカルステージ。バックトリオは彼女の人選で 兼松衆(pf) 寺尾陽介(b) 小田桐和寛(ds) さん。彼女はミュージカルの舞台女優ですから、舞台の仕事が入るとお稽古が始まり、千秋楽過ぎまではほぼ自由時間がないようです。今回は舞台はないようでした。早くからお店に早く入って、リハーサルをして本番に臨まれました。
▶ステージは、舞台で鍛えた豊かな表情と声量で、選曲も普段あまり聴かれない曲もあり、華のある素晴らしいステージでした。バックの面々も彼女のヴォーカルを楽しんで演奏されていました。目と耳で楽しめるジャズ界には貴重な存在です。まだ知名度が低いですが、特にジャズヴォーカルは年齢を重ねることはプラスです。これからセンスの良い素晴らしいシンガーとして名が出てくると思います。すでに昨夜は、名古屋から上京された熱烈なファンがいらっしゃいましたよ。
▶1st.set…インスト演奏でリー・モーガンの♪Nommo。EMA さん登場♪Blue Moon、♪The Nearness Of You、♪Nature Boy、♪I’ve Never Been In Love Before、♪Devil May Care。 
▶2nd.set…♪My Romance、♪Peel Me A Grapes、♪Tea For Two、♪My Favorite Things、上原ひろみ作詞作曲♪Green Tea Farm、♪Love You Madly、
アンコール曲は尾崎豊の曲をを英語バージョンで♪I Love You でした。

Comments are closed.