【50th Aniv.Special Live】
「50周年の夏」特別企画 第1弾は7月末〜
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
7月スケジュール更新/公開
(2024年5月28日付 May.28th)

デイリーレポート

若いエネルギーを貰えた素晴らしい演奏ステージ

若いエネルギーを貰えた素晴らしい演奏ステージ

Kyoko

2023年04月20日 木曜日

0 コメント

▶2日間のスペシャルイベントの翌日の昨夜は《鈴木瑶子リーダークィンテット》メンバー 中林俊也(as) 芹澤朋(ts) 鈴木瑶子(pf) 小玉勇気(b) 北澤大樹(ds) さん。イベントの翌日でしたが、今最も注目されているピアニストだけあり店内は満席に近く賑わいました。瑶子さんは、小曽根真さんの愛弟子の一人で、世界を目指すプロジェクト「from Ozone till Dawn」のメンバーでもあります。昨日はリハーサルの時から小曽根さんがいらして、気がついたことを様々伝えておられました。北澤さんは当店初出演で、私も初めて聴きましたが、とてもセンスのいいドラマーですね。
▶緊張気味の瑶子さんには、ジャズはもともとダンスの音楽だから踊り出したくなるくらい楽しく演奏しなさいとアドバイス。瑶子さんは、汗をかきながらも終始ニコニコして張り切って演奏。お客さまの反応も良く、素晴らしい演奏ステージを繰り広げられました。若いメンバーの演奏は活気があっていいですね。世の中先が見えなくて我慢が身についた日常に、音楽のシャワーを浴びて気持ちよくなれるひと時は私にはとてもありがたく、ミュージシャンとお客さまに感謝です。以下演奏曲はほとんど瑶子さんの作品で、曲に込めた思いを書いてくださいました。
▶1st.set…鈴木瑶子作 時の流れをイメージして♪Just Flows (Time Goes By)。朝の散歩中に鼻歌でメロディが浮かんだ曲♪Seek。♪Moten Swing…パーカッショニスト ビリー・マーテンのカウント・ベイシーバンドのバージョンで演奏。♪With…人は結局はひとりかなぁと思って書いた曲。♪Progress (進歩発展前進)。
▶2nd.set…世の中が白黒に見えたときに作曲♪Monochrome。小玉勇気アレンジで D.エリントンの♪Love You, Madly。♪Apricot Jam…杏(あんず)は瑶子の誕生木。♪Hometown…懐かしい曲を芹澤さんのテナーとデュオ演奏。♪Yaminabe (闇鍋)…最後は何が入っているかわからない鍋。アンコール曲はドラムソロから出た♪Petal でした。

Comments are closed.