【今年50周年 東京の老舗がいま熱い】
「NYのジャズクラブみたいね」
欧米インバウンド客にも高評
渋谷公園通りの“ライブジャズ専門店”
4月のスケジュール更新済み
★スタッフ緊急募集中★
(2024年3月1日付 Mar.1st)

デイリーレポート

ペットが滑らかによく歌うスタンダー曲を堪能

ペットが滑らかによく歌うスタンダー曲を堪能

Kyoko

2022年11月27日 日曜日

0 コメント

▶週末土曜の夜の【BODY&SOUL Special】は半生をNYにお住まいで、今回三年ぶりの帰国ライブとなった大野俊三(tp)さんの《大野俊三 from NY》日本のメンバーは 大野俊三(tp) 野力奏一(pf) 古木佳祐(b) 小田桐寛(ds) さんです。ご自身が選んだメンバーで、野力さんは古いNY仲間で当店出演は久しぶりでした。スタンダード曲の演奏は、滑らかにトランペットがよく歌いました。すでに英語が準母国語ですから、楽器を英語で吹いているのでしょうね、ひと味違うなと思いました。
▶客席には久しぶりの方や外国人の方も多く、俊三さんも演奏が終わったあとは知人の方たちとのお話が忙しく、用意したピザなども冷めてしまいました。演奏曲はお馴染みのスタンダード曲ですが、大野アレンジが新鮮でした。オリジナル曲はお嬢さんに書いた愛を感じる可愛らしい曲で、演奏に彼の人間性が表れた素敵なライブステージでした。
▶1st.set…テナー奏者ケニー・ギャレットの♪Going Home、アーサー・シュワルツ♪Alone Together、T.モンク♪Straight No Chaser。
▶2nd.set…大野俊三作♪Lea’s Run…レアは大野さんの娘さんの名前です。のレアの曲、M.デイビス♪Four、M.デイビス♪All Blues 
V.ヤング♪Stella by Starlight、アンコール曲は大野俊三作♪Dreamers でした。

Comments are closed.