【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

シンガーの持つ世界をあますところなく表現する歌伴ステージ

シンガーの持つ世界をあますところなく表現する歌伴ステージ

Kyoko

2022年06月23日 木曜日

0 コメント

▶情家みえ さんとはデビューアルバム以来何枚かレコーディングもされている彼女の信頼するピアニスト、後藤さんが久〜しぶりに名古屋から上京してくださり、お会いできるのを楽しみにしていました。みえさんが選んだメンバー 後藤浩二(pf) 古木佳佑(b) 山田玲(ds) さんのステージは、とても温かく心のこもった歌伴で、彼女の世界が遺憾なく表現され、みえさんが信頼するのが納得できるステージです。
▶みえさんは、バースのついているスタンダード曲は、きちんとバースから歌われます。歌うことが大好きで、よく勉強されてもいて今も先生である伊藤君子さんのレッスンに通っています。後藤さんはとっても優しく素敵な人で、私も大好きなピアニストです。古木さんも山田さんも、そんなみえさんの歌を聴きながらの温かいサポート。声質が良いので、彼女の世界に引き込まれ、身を委ねて楽しめたステージでした。12月にはまたレコーディングするようです。もちろん歌伴は後藤さんです。出来上がりが楽しみですね。
▶1st.set…♪Come Fly With Me、♪Meditation Still Crazzy、♪What A Little Moon、♪Nice N Easy、♪For Once In My Life、♪It’s Only a Paper Moon。
▶2nd.Set…♪Little Girl Blue、♪I Won’t Dance、♪I Concentrate On You、♪That Old Black Magic、♪Over The Rainbow、♪This Could Be The Start of Something Big、アンコール曲は♪The Good Life でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です