【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

2日間4セットとも万々席超満員!!
デキシーの素晴らしさに乾杯❢

Kyoko

2022年05月28日 土曜日

1 コメント

▶楽しかった~❢ ほんとに楽しかった~~❢❢
「いままで生きてきた中で一番…」金メダリストになった女子中学生の言葉が、自然に浮かんだほど楽しいライブステージ、そんな二日間でした。そして改めて、デキシーランド・ジャズの素晴らしさを堪能することが出来ました。その楽しさをお伝えするのは、私の筆力が及ばないうえ、二日間は私も色々と多忙で、しっかり考えて書く時間もなく、以下私が感じたことを簡単に書いてレポート・ブログとさせていただきます(ちなみにお陰様で2デイズ翌日も、翌々日もご予約者で満席で、私としては嬉しい悲鳴です)
▶小曽根さんご自身がご自分の音楽の原点だ、とおっしゃっていたデキシーランド・ジャズ。楽しいだけじゃなく、デキシーが全てのジャズとジャズスピリッツの原点なことを改めて知ることが出来ました。もちろん小曽根さんが演るからなのですが、変拍子や変調やソロやスピード感や緊張感やグルーブやスウィングや……いわゆる「モダンジャズの元」が全てここにありました。多くのジャズを聴いてきた私ですが、この歳になってデキシーを再発見した感じでした。
▶それにしても、北村さん(93歳)も中川さん(80歳)も、心身ともにとっってもお若いの❢ その育ち盛りの(小曽根さんの言葉)お元気さは、驚異的です!! そして何より、楽器の音色がもの凄く綺麗 !! 「♪ひまわり」のソロでは、その深い音だけで涙がこぼれそうでした。中川お父様のトランペットもとても艶っぽいこと。メンバーの皆さん、ピアノは言うに及ばず、中川さんの素晴らしいトロンボーンの音色、健吾さんのよくスウィングするベース、信之介さんのあえてデキシーチューン(と考えられる独自のセット)にしたというドラムスも、楽器自体がもつ本来の音が聴こえてきました。
▶小曽根さんのステージングの素晴らしさにも、改めて感心しました。皆さんのトークを巧みに入れて、コミックバンドのように笑いの絶えない店内。自由奔放に成り行きで演ってる感じに見せて、実は多分きっちり組み立てられアンコールまで計算された4つのセットの時間配分にも感心するばかり。一音一音といい、一刻一刻といい、素晴らしい完成度のステージに、私は「神は細部に宿る」という格言を思い出しました。
▶ヴォーカルは肉体が楽器とはよく言われますが、その道の達人たちは、プレイする人間の肉体ごと楽器になっているのかしら。北村さんは心臓が止まった時も、楽器だけは手放さなかったそうです。(実際に死線を越えたという大変なお話を終演後にユーモラスにお話してくださいました。楽器が肉体の一部の証拠ですね)北村さんの自然体のトークの可笑しいこと、落語もお好きだっようでユーモアセンスも超一流です。若い演奏家やプロを目指す若い方には、テクニックではなく楽器の音色とジャズスピリッツをこそ学んでほしいと思います。
▶この2日間のステージは、全てレコーディングされました。リリース等の詳細はいずれ小曽根さんから発表されると思います。ライブならではの曲間のトークも、きっと収録されていると思いますよ。小曽根さん「拍手と歓声で、盛り上がるライブステージらしく録音しましょう」北村さん「ライブはね、その時の演奏風景がイメージされるのがいいんだよね、コップを落として割れる音が入ったりするとね、どんな美人のお嬢さんが運んでいたんだろう、とかね」(爆笑)
▶演奏曲を書くつもりでしたが、そんなことを考える間もないほどステージに釘付けにされていました。健吾さんに「順番はいいから、とにかく演った曲をメールで送って」とお願いしたらすぐ送ってくださいました。ホントに演奏順序はどうでもいい、だってデキシーランド・ジャズなんだから…って私もすっかりデキシーのジャズスピリッツにハマっみたい(笑)。それにライブ録音がいずれ聴けるんですから。でもさすが健吾さん、きちんと流れのとおりに丁寧に書いてくださって。健吾さんありがとうございました。
=====5/25(木)=====
▶1st.set…
♪Struttin’ with some BBQ
♪Mississippi Rag
♪Do you know what it means to miss New Orleans?
♪Blues my naughty sweetie gives to me
♪Sunflower(ひまわり)…クラリネットで聴くのは初めてかもしれません。小曽根さんとのピアノとの素晴らしいコンビネーションでした。ウクライナ戦争のこともあって、お二人の美しい音色に涙腺が緩みました。
♪Bill Baily
♪Dark Eyes (ピアノとトロンボーンのデュオ)
♪Limehouse Blues
♪On the sunny side of the street (アンコール)
▶2nd.set…
♪Tiger Rag
♪Mississippi Rag
♪Life is Beautiful
♪Bourbon Street Parade
♪Memories of You
♪Struttin’ in Kitano
♪In to The Sky
♪Indiana
♪Body and Soul (アンコール)
=====5/26(金)=====
▶1st.set…
♪Struttin’ with some BBQ
♪Mississippi Rag
♪Do you know what it means to miss New Orleans?
♪Blues my naughty sweetie gives to me
♪Sunflower (ひまわり)
♪Limehouse Blues
♪G線上のアリア(ピアノとデュオ)…トロンボーンってこんなにいい音のする楽器なんだと改めて思いました。ヴィオリンやピアノのものはありますが、トロンボーンのこの曲はなかなか聴けません。とても得をした気分。
♪Bill Baily
♪On the sunny side of the street (アンコール)
▶2nd.set…
♪Tiger Rag
♪Mississippi Rag
♪Life is Beautiful
♪Memories of You
♪Struttin’ in Kitano
♪In to The Sky (中川親子のデュオ)
♪Bourbon Street Parade
♪Body and Soul (アンコール)

コメント 1件

  1. 近藤 徹 says:

    初日の2ndステージでした。席が北村さんと中川パパの目の前で2mも空いてない距離。大迫力しかもそれぞれの音色が絡み合ってデキシーの真髄を聴かせてもらいました。
    歳を感じさせない生き方って本当に出来るんですねー。
    メンバーの顔触れを見て日本で今これだけの人達を集められるのはママ以外にむりだろうなぁとしみじみ感じました。
    有難うございました。