【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

いい年のとり方をしていることを感じる素敵な歌とステージ

いい年のとり方をしていることを感じる素敵な歌とステージ

Kyoko

2022年05月22日 日曜日

0 コメント

▶大雨が降ったり止んだりの土曜日の夜、ペコちゃん(伊藤君子)と大のお気に入りバッキングメンバー 片倉真由子(pf) 粟谷巧(b) ジーン・ジャクソン(ds) さんのステージ。ペコちゃんのいつ聴いてもどんな曲も説得力があるヴォーカルを楽しみました。彼女と長年お付き合いしてきてお互いの人生を知っているだけに、歌い続けてきた人生の幸せを感じました。やはり「人生は歌に表れる」という表現が一番サマになる歌手だと思います。努力家で英語の発音も綺麗なので、昨夜も外国人のグループがお見えでしたが、皆さん彼女の歌に説得されているようでした。
▶終演後、ペコちゃん赤ワイン真由子さんはバーボンソーダを飲みながら、いつもならおしゃべりを楽しむのですが、明日は早朝に新宿駅集合で甲府ツアーだ、と早くお帰りになられました。今頃は甲府でリハーサルをしている頃でしょうか。
▶1st.setインストで♪She…「ノッティングヒルの恋人たち」私の好きな曲でヒュー・グラントも好きです。♪Just in Time、♪My One And Only Love、B.バカラックとハル・デビットの名コンビが音楽参加したコメディ同名映画より♪Wives And Lovers、♪Come Rain or Come Shine、♪Once You’ve Been In Love…ペコちゃんのアルバムタイトルにもなっている私の好きな曲です。♪New York State of Mind、♪Love For Sale。
▶2nd.set…♪I Didn’t Know What Time It Was、ナット・キング・コールのヒット曲♪L-O-V-E、♪Bluesette…もともとはジャズ・ハーモニカ曲、私の好きな曲♪The Man I Love、♪The Boy From Ipanema、これも私の好きな曲♪More Than You Know、♪What Is This Thing Called Love?、アンコール曲は「ウェストサイド・ストーリー」より♪Somewhere。ペコちゃんが普段あまり歌わない歌もあり、新鮮な選曲でした。

Comments are closed.