【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

綺麗な音色でギターがよく歌うお馴染み曲を堪能

綺麗な音色でギターがよく歌うお馴染み曲を堪能

Kyoko

2022年04月21日 木曜日

0 コメント

▶苗代さんはNYのニュースクール卒後NYで活躍されていましたがコロナで今は帰国して東京中心に活動しているギタリスト。彼の人選による《苗代尚寛リーダークァルテット》メンバーは 苗代尚寛(g) 壷阪健登(pf) 高橋陸(b) 小田桐和寛(ds) さんで、壺阪さん小田桐さんもNYでのお仲間です。彼のギターの音色はとても綺麗で楽器が良く歌います。ほとんどお馴染みのスタンダード曲で選曲もよく、お客さま皆さまバランスのいいギタークァルテット・サウンドを楽しんでお聴きになっておられました。若いベーシスト陸さんもこの中に入ってしっかり演奏。若いですがいつも良いミュージシャンと一緒に演奏しているので、どんどん進化していきます。私も楽しみにしているベーシストです。
▶1st.set…苗代尚寛作♪6 to 1l、テナー奏者ジョー・ヘンダーソンの♪Recorda Me、W .ショーター♪Fee Fi Fo Fum、D.エリントン♪Prelude To A Kiss、アーサー・シュワルツの♪Alone Together。
▶2nd.set…ピアニスト シダー・ウォルトン作♪Hind Sight、ホレス・シルバーの♪Peace、H. ハンコック♪Actual Proof、D ガレスピーの♪Con Alma、苗代尚寛作♪Don’t Know Anymore、アンコール曲は苗代尚寛作♪Song for Orange でした。

Comments are closed.