【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

二人のシンガーがシットインして和やかに楽しんだ週末

二人のシンガーがシットインして和やかに楽しんだ週末

Kyoko

2022年02月20日 日曜日

0 コメント

▶週末土曜日はペコちゃんのステージ。バッキングはお馴染みの 片倉真由子(pf) 粟谷巧(b) ジーン・ジャクソン(ds) さん。歌の巧さにかけてはジャズ界だけでなく天下一、と私は思っています。70歳を過ぎても(若い頃よりキーは下げているようですが)低音も高音もきちんと綺麗に出ています。NYで修行したころからの豊富な経験とたゆまぬ努力が、いま説得力の違いとして輝いています。普通なら彼女のステージは満席近くなるのですが、このご時世です。でもパートナーであるドラマー海老沢一博さんが、お客さまを連れて応援に来てくださいました。優しい旦那様ですね。海老さんもドラムスがジーンさんでしたので、ペコちゃんのステージをとても楽しでいらっしゃいました。
▶1st.set…トリオ演奏でT.モンクの♪In Walked Bud。ペコちゃん登場♪What Is This Thing Called Love ?、♪Love、♪My Favorite Things、♪My One And Only Love。いらしていたシンガー飯田さつきさんがシットインで♪On The Sunny Side Of The Street。♪I Didn’t Know What Time It Was、♪My Romance、♪Our Love Is Her To Stay。
▶2nd.set…♪I Remember Sky、♪Moon River、♪It’s Only A Paper Moon。ここで今度はやはりいらしていたシンガー平賀マリカさんが入って♪Beautiful Love。♪So Many Stars、♪Fly Me To The Moon、♪Old Devil Moon、♪You’ve Got A Friend。昨夜の選曲のテーマは「夜空」だったのかしら…。

Comments are closed.