【50th Aniv.Special Live】
「50周年の夏」特別企画 第1弾は7月末〜
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
7月スケジュール更新/公開
(2024年5月28日付 May.28th)

デイリーレポート

ゆっくりたっぷり聴いて癒やされた山本ワールド

ゆっくりたっぷり聴いて癒やされた山本ワールド

Kyoko

2021年04月09日 金曜日

0 コメント

▶小降りになるのを待って家を出た昨夜の《スウィンギー トリオ》メンバーはいつもの 山本剛(pf) 香川裕史(b) 大隅寿男(ds) さん。いつも独特なファッションセンスの剛さん、昨夜はスロットマシンが沢山並んだシャツの背中にはラスベガスと入っていました。今はベガスも閑古鳥なんだだそうですよ。だからどうということではないですけど(笑)
▶演奏はいつものようによくスウィングして、相変わらずハッピーで、今の時期にはピッタリです。でも山ちゃんファンも、感染第4波が心配される中でいつもより少なかったです。私も、コロナで2ヶ月ぶりの剛さんでしたので難しいことを考えず、ゆっくり山本ワールドを楽しんで、頭が空っぽになって癒やされました。聴きながら、剛さんの結わえている髪がすっかり白くなっていることに気づきました。考えたら当店六本木時代から45年のお付き合いはペコちゃん(伊藤君子)と一緒。つくずく、時が経つのは早いですねぇ…。
▶1st set…♪You Are Too Beautiful、♪These Foolish Things (愚かなり我が恋)、キャノンボール・アダレイのマネをしてブルースを弾いた名付けて♪Yama Canonball Blues、♪Alone Together (たった二人で)、タッド・ダメロンがサラ・ヴォーンのために書いた曲♪If You Could See Me Now。
▶2nd set…キリスト教の賛美歌がスタンダード曲になった♪Come Sunday〜お馴染みの♪Take the A-Train。これがないと山ちゃんじゃない♪Misty、♪Poinciana、「不思議の国のアリス」より♪Alice in Wonderland、山本作♪Blues Yama、♪That’s All。スタンダード曲をたっぷり楽しみました。

Comments are closed.