【インバウンドもアウトバウンドも】
「NYのジャズクラブみたいね」
今年50周年 東京の老舗がいま熱い
渋谷公園通りの“ライブジャズ専門店”
3月までのスケジュール更新済み
(2024年2月1日付 Feb.1st)

デイリーレポート

スリルとスピードと音色が気持ちいい「これがモダンジャズだ!!」

スリルとスピードと音色が気持ちいい「これがモダンジャズだ!!」

Kyoko

2020年12月11日 金曜日

0 コメント

▶ジャズに精通したベテランたちが揃った久しぶりのジーンさんのリーダー出演《ジーン・ジャクソン リーダークァルテット》ジーンさんが選んだサイドメンバーは 池田篤(as) 井上陽介(b) ジーンEssシモサト(g) さんです。当店久しぶりの出演だったシモサトさんはNYで活躍中ですがいま日本にいらしていて、これが終わったら米国に帰る事になっていたのですが帰国できなくなっているようです。
▶ジーンさん井上さんの素晴らしいリズム隊の4ビートに乗って、柔らかく綺麗な篤さんのアルトとシモサトさんのギターの2フロントが一層気持ちよく感じられ「これがモダン・ジャズだ❢」と感じるスリルとスピード感のある楽しい演奏でした。ジーンさんはとてもシャイで謙虚な方で、自分の曲になると「私の駄目な曲ですが聴いて下さい」と日本語混じりの英語で説明されていました。いつも私のことを「母ちゃん」と呼んでくださっているホントに可愛い方です。
▶1st set…ジーンさんのアレンジで♪My Favorite Things、Essシモサト作♪Day For Night、ジーン・ジャクソン作♪Great River、池田篤作♪Little Bird Blues、Essシモサト作♪Two Worlds。
▶2nd set…ジーンさんのアレンジでエルビン・ジョーンズの♪Three Card Molly、池田篤作♪Newspaper Man…篤さんのお父様は新聞記者でした。井上陽介作♪Good Time…「楽しい時」とジーンさんが日本語で紹介。ジーン・ジャクソン作♪Before Then、井上陽介作♪Magic Touch、アンコールは C.パーカーの♪Now ‘s The Time でカッコ良く終わりました。

Comments are closed.