お店独自の【Go To BS キャンペーン】開始 !!
ライブジャズの灯を絶やさないために…
感染リスク対策を一層強化して営業中です
応援よろしく願いします
BODY&SOUL's own [Go To BS campaign] has started !!
Under the ’with corona' circumstance,
We're open by further strengthening infection risk measures.
(2020年10月1日付 Oct.1st)

お知らせ

《東京都の緊急事態発令への当店の対応 6th》

Kyoko

2020年04月08日 水曜日

3 コメント

GW5月6日まで営業休止・臨時休業を継続いたします。
お客さま、出演ミュージシャンの方々、関係者各位、
何卒ご理解・ご了承をいただきたいと思います。
————————-
【コロナとの戦いは長期戦になりそうです】
◉外出自粛によるこの閉塞状況を乗り切り
このコロナ危機に打ち勝つために
「音楽の力」が今こそ必要ではないでしょうか。
◉来週以降、出演予定のミュージシャンと相談し、
当店で「無観客ライブ演奏」を行い、
それを同時中継しライブ配信することを検討しています。
◉演奏時間は、6時から40分〜50分の1セット、
予定出演メンバーがフルで全員揃うかは
ケースバイケースで不明ですが、
配信はいつもの当店の Twitter タイムライン上で、
もちろん、どなたでもご視聴いただけます。
もうしばらく検討の時間をいただきたいと思います。

———以下は私(BODY&SOUL オーナー関京子)のグチ———
▶昨夜(4/7)夜、安倍首相の発出された首都圏の緊急事態宣言は、
『社会経済活動を維持しながら、可能な限り対人接触を8割減少してほしい』
『ロックダウン(都市封鎖)を行うものではない、力を合わせて乗り越えていけると確信している』
『この措置は5月6日GW明けまでとする』
▶これを受けて小池東京都知事は、
『食料品や医薬品などの生活必需品を扱う小売業を除く
飲食業を含む娯楽施設の休業を強く要請する』
娯楽施設として挙げられたのが、
キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、
個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケ店、
マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター……
居酒屋なども休業を要請する』
ただし、
『床面積が100平方メートル以下の小規模店舗については、
感染防止対策を実施したうえでの営業を要請する』
▶日本の行政は、思い切ってやる、前例のない規模でやる…
と言いつつ、いずれも日本人の国民性に期待するばかりです。
さて、当店は床面積100平方メートル以下の小規模店舗ですが、
当店は、娯楽施設であるのか、飲食店なのか、休業補償の対象になるのか…(法律的には飲食業で届けています)
強制力のない「日本方式」による日本特有の曖昧な宣言ですが
民主主義に基づいた個人の自由を重んじる
このやり方を成功させるためにも、
営業自粛に協力していきたいと思います。
————————-
◉当店は3/26から今日まで丸2週間、営業休止で経営は逼迫しています。
国による休業補償がどの程度行われるか分かりませんが、
コロナ禍が落ち着きましたら、当店のファンの皆さまには
クラウドファンディングで当店の存続を応援していただきたく、
いま出資者への見返り等、楽しいアイディアを練っています。
その折は、演奏家も含め皆さまよろしくお願い申し上げます。
BODY&SOUL オーナー 関 京子

コメント3件

  1. Ted Kimi says:

    Live配信の企画検討ありがとうございます。
    クラウドファンディングの出資最低額はできれば少額に設定していただけると幸甚です。
    第10回東日本大震災支援ライブも、年末までに開催困難であれば、ネット中継配信で
    寄付を募るようなことなど、新たな形態の可能性もありそうですね。

  2. mikio says:

    コロナ被害お見舞い申しあげます。地方に住んでいますので上京の際ライブに行くことを楽しみにしています。
    できることあればお知らせください。可能な限り協力させていただきます。

  3. O kiteru says:

    厳しい事態ですね。
    4月にも、行きたいライブが有りましたが、中止。
    ウィルスとは、長い闘いになりそうですので、
    クラウドファンディング、ぜひ参加させて頂きたいです。
    1日も早く、安心してライブを楽しめる日が来ますように!