【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

選曲もサウンドも人生の味を感じるステージ

選曲もサウンドも人生の味を感じるステージ

Kyoko

2018年04月05日 木曜日

0 コメント

▶フロントにベテラン大森明(as)さんと、トランペットの重鎮 村田浩(tp)さん、バックのピアノトリオは 続木徹(pf)さんがインフルエンザでダウン、急遽 太田寛二(pf) さんがピンチヒッターで参加、それに 山田晃路(b) 鈴木宏紀(ds) さん。山田さんは当店初出演でした。
▶1st.stage…M.デイビス♪Dig、コルトレーンの「Lush Life」でよく聴いた♪Like Someone In Love、♪East 9th Street、バラード♪Polca Dot Moon Beams、大森作♪Bud City。
▶2nd.stage…C.パーカー♪Ornithology、大森作♪ARIAKE、♪City Light、「マイ・フェアレディ」からバラード♪I’ve Grown Accustomed To Her Face…村田さん提供の曲。大森さん提供の♪Alone Together、サンバの曲♪Southern Cruise、アンコールは4月の定番曲♪I’ll Remember April。選曲もよく、村田さんの包容力のあるプレイは「人生の味」を感じました。もっと多くの方に聴いていただきたいステージでした。

18040401180404031804040218040405

Comments are closed.