【円安不況を楽しむ「安近短」】
GW〜薫風さわやか若葉の候。
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
今年50周年のBODY&SOUL
6月スケジュール更新/公開
(2024年5月1日付 May.1st)

デイリーレポート

スリルとスピード感の凄さに圧倒された夜

スリルとスピード感の凄さに圧倒された夜

Kyoko

2018年02月26日 月曜日

0 コメント

▶2月に入って2度目の【BODY&SOUL Special】はイスラエル出身の若者たち《GTOトリオ》ガディ・レハヴィ(pf)オフリ・ネへミア(ds)タリ・マシアハ(b)さん。20代前半のまだ幼なさが残る可愛らしい人たちでしたが、演奏はもの凄くて、特にドラマーのオフリさんは小柄で細い身体のどこに…という感じのスピード感で、テンションの入れ方もベテラン以上に上手くて、最高に良かったです。全てガディさんのオリジナル曲を演奏されたのですが、とても聴きやすい曲で素直に心に届きました。日曜日でもほぼ満席のお客さまも、皆さん言葉を失うほどすごい演奏でした。世界は凄い !!
▶1st atage…♪Dance (gad Lehavi)、♪Hashemesh zorahat (Tal Mashiach)、♪Life in the city (Ofri Nehemya)、♪Kaitz (tal Mashiach)。
▶2nd stage…♪Just saying (Ofri Nehemya)、♪January (Gadi Lehavi)、♪Pinto (Tal Mashiach)、♪Still crazy (Paul Simon)、アンコールは♪No vault allowed (Gadi Lehavi)、アンコールもう一曲♪Check the bass (Tal Mashiach)。曲名は全てオリジナルです。
▶若さ溢れる三人はとてもお行儀が良くて、私は皆さんを孫にしたいと思ったほど、感性も人柄も素敵な好青年たちでした。ガディさんは「こんな良い響きのピアノで弾けて嬉しい、イスラエルでは壊れたようなピアノしかない」なんて言っておられました。ベースのトタリさんも借り物のベースでしたが、とても良いベースらしい音で気持ちよかったです。また来日して欲しいトリオです。

18022505180225011802250418022506180225021802250318022507180225011

Comments are closed.