【50th Aniv.Special Live】
「50周年の夏」特別企画 第1弾は7月末〜
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
7月スケジュール更新/公開
(2024年5月28日付 May.28th)

デイリーレポート

女性をうっとりさせるセクシーな音色と選曲

女性をうっとりさせるセクシーな音色と選曲

Kyoko

2015年11月25日 水曜日

0 コメント

▶メンバー鈴木央紹(ts) 若井優也(pf) 佐藤ハチ恭彦(b) 原大力(ds)さんの鈴木央紹カルテットは久しぶりでした。鈴木さんのテナーとソプラノサックスは、音色が良く品があってスムーズに耳に馴染むので女性に好かれるのかもしれません。私も彼のファンですが昨夜も女性フアンが多い客席でした。そこに若井さんの痒いところに手の届くバッキングが光り、しっかりしたハチさんのベースにスウィングする原さんのドラム…と、バランスのとれたワンホーン・クァルテットサウンドでした。
▶1st.stage…♪For All We Know…カーペンターズでお馴染みの曲、鈴木さんとしては珍しい。♪Who Can I Turn To?、M.デイビスの♪Boplicity…ソプラノサックスで。♪Stars Fell On Alabama(
アラバマに星落ちて)♪Golden Earringa…懐かしい曲です。
▶2nd.stage…ソプラノサックスで♪I’m all Smiles、テナーサックスのソロイントロ、B.ストライザンドが歌った♪A Sleepin’ Bee、バラードしっとりと♪When I Fall In Love、C.コリア♪Bud Powell、アンコールは♪Stardust。女性をうっとりさせる選曲、気持の良い演奏に時間の経つのを速く感じた夜でした。

15112402151124031511240115112406

Comments are closed.