【50th Aniv.Special Live】
「50周年の夏」特別企画 第1弾は7月末〜
ぶらっと立ち寄る公園通りの“ジャズ専門店”
人生を豊かにする“サードプレイス””
7月スケジュール更新/公開
(2024年5月28日付 May.28th)

デイリーレポート

初出演初共演でしたが独自の世界を持ついいピアノ

初出演初共演でしたが独自の世界を持ついいピアノ

Kyoko

2015年11月21日 土曜日

0 コメント

▶当店初出演のフランチエスカ・ハンさんのピアノトリオ、彼女自身が選んだ安カ川大樹(b)デニス・フレーゼ(ds) さんのサイドメンでした。ハンさんとは初めての共演でしたが、夕方5時に入ってリハーサル、1時間半ほどですっかり打ち解けた感じで、ステージは彼女のアルバム「I GARUS」からオリジナル曲を中心でしたが、安カ川さんもデニスさんもしっかりマスターして本番に臨まれました。
▶彼女はNYの大学で、デビット・バーグマン(pf) さんに師事された方で、そのデビットさんは、ティム・アマコスト(ts)さんのリーダーバンド《New York Standard Quartet》のレギュラーピアニスト。ここ10年ほど年に1度日本ツアーをされていて、昨年もいらして当店ではお馴染みです。そんなハムさんは、オリジナルを沢山作曲していてアルバムも3枚リリース、ソロアルバムも出しています。タッチの良いピアニストで、私の耳に間違いはなかった、と思いました。そして当店のピアノの響きが素晴しい、と大変喜んでいただき、私も嬉しく思いました。
▶1st.stage…アルバム「I GARUS」から♪Blues、♪Detour Count Yourself、綺麗なバラードで♪Body AndSoul、アップテンポの♪Rotten Peanuts、♪Shadimish。
▶2nd.stage…オリジナル曲♪Study 34、♪One Whale、♪Far East、スタンダード曲♪Along Together、オリジナル曲♪Lost Moon、♪Moramism、M.デイビスの♪Solar、アンコールは♪Autumn Leaves。六本木時代に日本駐在していたイギリスの当店のお客さまがお見えになり、演奏を聴き終ると彼女のピアノが気に入った、とアルバムを沢山お買い上げいただきました。ハンさんはびっくりするやら嬉しいやら。ハンさん良かったですね。

15112002151120031511200115112006

 

Comments are closed.