【時短営業の要請は全面解除】
都は飲食店に対して10月25日以降
時短営業と酒類の自粛要請を全面解除
新たなウィズコロナ時代へ
(2021年10月22日付 Oct.22nd)

デイリーレポート

聴き手が少なくもったいない思いのいいステージ

聴き手が少なくもったいない思いのいいステージ

Kyoko

2020年11月05日 木曜日

0 コメント

▶真夏以来の出演だった《浜崎航 meets 松本茜トリオ》メンバーは 浜崎航(ts,ss) 松本茜(pf) 安田幸司(b) さんと、前回とドラムスが違って 広瀬潤次(ds) さん。茜さんの粒の揃ったピアノに乗って、浜崎さんは楽器を持ち替え本領発揮。客席にはこのカァルテットのファンの方がいらして熱心に聴いておられました。それにしても聴き手が少なくて、ウィズコロナ時代とは言え、もったいない思いのいい演奏でした。ミュージシャンは、お客さまに感謝を込めて演奏されていました。
▶1st set…可愛い猫のイラストが楽しいジャケの4枚目のアルバム「Intimacy of Blues」から2曲、D.エリントンの♪Intimacy of Blues、ディズニー映画「白雪姫」から♪Someday My Prince Will Come。ローランド・ハナ♪Wistful Moment…広瀬さんタンバリンでソロをとリマした。楽器を何でもこなした鬼才ローランド・カーク♪Haunted Melody、先が見えない世の中だから、とバートン・レーンの♪On A Clearday (晴れた日に永遠が見える)。
▶2nd set…ビクター・ヤング♪Love Letter…ピアノイントロのバラードから浜崎さんフルートを吹き4ビートなりました。松本茜作♪Contact…浜崎さんソプラノサックス。浜崎さんテナーサックスに戻ってハリー・ウォーレンの♪めぐり逢い…オリジナル映画はケイリー・グラントとデボラ・カーの悲恋映画「めぐり逢い」は、トム・ハンクスとメグ・ライアンの「めぐり逢えたら」にリメークされましたね。クルト・ヴァイル♪Speak Low、最後は浜崎さんと茜さんのもう一つのユニットのテーマ曲浜崎作♪Big Catch でした。

Comments are closed.