【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

お知らせ

訃報:ゲイリー・ピーコックさん 享年85

Kyoko

2020年09月08日 火曜日

0 コメント

▶多くのビッグネームと多数の共演歴をもつベース・レジェンド、ゲイリー・ピーコックさんが、9月4日、ニューヨーク州アップステートのご自宅でお亡くなりになりました(死因はまだわかりません)。3年前の2017年の秋、私はもう歳だしこれが最後になるかも、なんて思いながら、当店の常連さんで今はニュージーランドに移住されている松本さんに、付き添いケアをお願いして1週間ほどNYに行きました。その時、ヴィレッジのジャズクラブ「ジャズ・スタンダード」に行くと、エッ?ゲイリーさんが出ていたのです。「Ohhh〜Kyoko!」と、私もビックリするやら懐かしいやら。その時は、まだまだお元気でしたのに。
▶もう30年以上前になります。当時私が出演者を人選していた地元の手作りのイベント「根室ジャズフェスティバル」に、コンサートのために来日していた故菊地雅章(プーさん)さんと、ベースのゲイリー・ピーコックさん、ビル・エバンストリオのドラマーだった故ポール・モチアンさんのトリオで、北海道根室にお邪魔したことがあります。コンサートの前夜に、根室の方たちと焼き肉を食べていて、ポールさんの前歯が折れてしまい急遽、紹介された街の歯医者さんに行って応急手当をした思い出があります。この3人とは、岡山でのコンサートにもご一緒したこともあります。
▶プーさん、モチアンさん、そしてゲーリーさん…皆さん天国に召されてしまいました。繊細で神経質なとこもあったプーさんが、選んで日本ツアーを組んだのですから、気心が合うお仲間だったと思います。きっと天国で、またトリオを組んで一緒に演奏されているような気がします。安らかにお眠り下さい。 合掌

Comments are closed.