【Go To BODY&SOUL キャンペーン】終了
長い戦いになりそうなウィズコロナの時代
元気も勇気も癒しもライブジャズの中にあります。
共に頑張りましょう。応援よろしくお願い致します。
Under the ’with corona' circumstance,
Let's do our best together with the power of live jazz.
(2020年11月1日付 Nov.1st)

お知らせ

【新型コロナウィルスへの対応について】

Kyoko

2020年02月26日 水曜日

2 コメント

▶当店としては、当面は(2/26(水)現在)これまで通り
営業を続ける、という方針で臨みたいと思っています。
お店サイドの選択(営業するかどうか)、あるいは、
予約をキャンセルしてお店に行かない、という選択は、
基本的には、出演ミュージシャンとお客さま個々人の
ご判断にお任せてしています。
▶もちろん「しばらく全面的にお店を閉める」という
選択肢もありますが、これまでのご来店状況などに鑑み、
店内の感染リスクは、そう大きくないと考えています。
小規模なお店でもあり、キャンセルされる方もいらして
(店内が「濃厚接触」に当たるかどうかはともかく)
客席は比較的空いていて、おしゃべりする方も少なく、
皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃる方ばかりです。
▶出演者はもちろん、当店も「零細営業」ですので、
一律全面休業は、死活問題でもあります。政府は今日
「大規模なスポーツや文化イベントついて、2週間程度
中止か延期または規模を縮小するよう要請する」と
安倍さんが会見されました。が、その基準や指標が
具体的に示されることなく、主催者に任せる、と
いうことのようです。「リスク」は、どのくらいの
期間でどんな視点で捉えるかによって、様々です。
▶「ご安心下さい」というつもりはありませんが、
ちなみに私(オーナー Kyoko)は、年末には80歳を
迎えるコロナハイリスク高齢者ですが、毎夜お店に
出て、皆さまと一緒にライブ演奏を楽しんでいます。
「笑いと好きな音楽は、免疫力を高める」という
「音楽の力」を信じて、ストレスを発散しています。
なお店内の様子は、毎夜の私(Kyoko)のデイリー・
レポートブログをごお読みいただければ幸いです。
オーナー:Kyoko

・セットの合間に、天井の大きな換気扇を回して
店内の空気の排出を行っています。
・コロナ対策ではありませんが、以前より
入り口に消毒アルコールをご用意しています。
・状況は流動的です。この対応も今後変わることも
あります。その都度、お知らせいたします。
・無事に収束することを祈るばかりです。

4月のライブ・スケジュール
Kyoko のデイリー・コメント完成し、
更新されています。

コメント2件

  1. みさと says:

    ご英断です。しっかり免疫力あげる個々の努力は必要ですし、ライブのせいやと言うなら行かなければいいだけの話です。子供は来ない店ですし、こんなNOTICEなさるだけでも親切やわぁ👍流石✨ボディです🎵ますますファンになりました。

  2. 木住野佳子☆ says:

    京子ママ、私も音楽で少しでも免疫力を上げられるように頑張ります❗️💪火曜日よろしくお願いします!