4th release

Will

Yuya Wakai

featuring Satsuki Kusui & Shun Ishiwaka
  1. Étude Op.10 No.6 (9:45)
  2. Spring Has Sprung With A Little Melancholy (9:46)
  3. Children's Play Song (9:32)
  4. Bolivia (9:48)
  5. Is That So? (6:37)
  6. Will: Part 1, Part 2 (9:30)
  7. Will: Part 3 (5:49)

PERSONEL

若井 優也

Yuya Wakai

Piano

 1986年、愛知県名古屋市生まれ。3歳よりヤマハ音楽教室に通い、ピアノを村上由里子氏、作曲・和声学を若林千春氏に師事。大学入学と同時にジャズ研究会に所属し、都内のライブハウスに通いながら独学でジャズピアノを学ぶ。2005年第36回山野ビッグバンドジャズコンテストに慶應義塾大学ライトミュージックソサエティの一員として出演し、バンドで優秀賞、個人で優秀ソリスト賞を受賞。これまでに6枚のアルバム「しあわせな森のジブリ」( 2010 年)「しあわせな夢のジブリ」「PianoでJazz !!」(2011年)「Piano Jazz The Beatles」(2012年)「Images」(2013年)「神曲Jazz」(2014年)のプロデュースを手掛け多方面から大きく評価される。2011年青木カレン(vo)とともにNHK教育テレビ(Eテレ)「3ヶ月トピック英会話・歌って発音マスター!~魅惑のスタンダード・ジャズ編~ 」にレギュラー出演。2013年同じくNHK教育テレビ(Eテレ)「囲碁フォーカス」にて大きく特集され反響を呼ぶ。現在ライブ・レコーディングなど様々なシーンで幅広く活躍中。教育活動にも力を注いでいる。趣味は囲碁と数学。

楠井 五月

Satsuki Kusui

Bass

 1985年、北海道旭川市生まれ。幼少期にエレクトーン、中学からエレキベース、法政大学からコントラバスを弾き始める。井上陽介に師事し在学中よりプロとして活動。2011年より辛島文雄トリオに参加し全国ツアー。現在、TOKU、谷口英治、グレース・マーヤ、若井優也、魚返明未のバンドを始め海外ミュージシャンの来日公演のサポートも数多く務める。ジャズの伝統に根差した強靭なスウィングビートと、様々なジャンルに対応する幅広い音楽性を持っている。仲間からは「歩くジャズ辞典」と言われるほどジャズに造詣が深い。

石若 駿

Shun Ishiwaka

Drums

 1992年、北海道札幌市生まれ。4歳からピアノ5歳でドラム、13歳でジュニアジャズスクールに通い本格的にドラム演奏開始。15歳にして日野皓正(tp)バンドに抜擢される。東京芸大付属高校を経て同大学打楽器科へ進学し打楽器科を首席で卒業。在学中よりファーストコール・ドラマーとして数々のバンドのレコーディングやライブに参加。天才ドラマーとして、また作曲家としても話題となる。2015年12月初のフル・リーダー作「Cleanup」を発表し多方面から高い評価を得る。2016年6月ブルーノート東京にて自己のトリオでカート・ローゼンウィンケル(g)と出演。ビッグネームとの共演歴はすでに枚挙に暇がなく、いま最も注目されているドラマーといえる。