5th release

Ruby,My Dear

Mayuko Katakura Trio

  1. Echo ~ Secret Love (16:57)
  2. Ruby, My Dear (10:20)
  3. Pinocchio (6:32)
  4. A Dancer's Melancholy (9:40)
  5. Unconditional Love (10:53)
  6. Inception (6:26)
  7. Ellington Medley
    The Star - Crossed Lovers ~ Melancholia ~ The Single Petal of A Rose (6:18)

PERSONEL

片倉 真由子

Mayuko Katakura

Piano

 宮城県仙台市出身。両親がプロのジャズミュージシャンという恵まれた家庭に生まれ、幼少時からクラシックピアノを始める。洗足学園大学入学と同時にジャズピアノに転向、同大学を首席で卒業後、2002年バークリー音楽大学より奨学金を受け留学。在学中よりボストンやN Yのライブハウスほか各地でライブ活動、2005年名門ジュリアード音楽院に入学しケニー・バロンに師事。2006年セロニアス・モンクピアノコンテストでファイナリスト。帰国後は一流ミュージシャンと共演。その創造性溢れるピアノは、将来が最も期待されるピアニストのひとり。

佐藤ハチ恭彦

Yasuhiko Hachi Sato

Bass

 1968年高崎市生まれ。19歳で上京するまで、5歳からピアノ、12歳からサックス、13歳からはギター、15歳からベースを弾くようになる。早大に入学後、吉野弘志氏に師事し本格的にベースをはじめ、在学中よりプロとして活動開始。'97年にダスコ・ゴイコヴィッチ(tp)のツアーに参加を皮切りに内外のミュージシャンと共演。TOKU (flh,vo) の初期のレギュラーバンドのベーシストとして活躍。音楽の持つ楽しさ美しさそして「自由」の素晴らしさを伝える事の出来るプレイヤーとして、多方面で高い評価を得ている。現在は洗足学園ジャズコース非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

Gene Jackson

ジーン・ジャクソン

Drums

 9年もの間ハービー・ハンコック・トリオのレギュラードラマーとして世界を股にかけて活躍。ウェイン・ショーター、ミンガス・ビッグ・バンド、ブランフォード・マルサリスなどなど数多くのビッグアーティストとの華々しい共演歴をもつ。現在は米国と日本の多くのバンドから乞われて、半年ごとに行き来して活躍中。派手なことはしないが、コンボサウンドを多種多用なテクと優れた演出力で支える本物のNYジャズドラマー。よくスウィングするドラミングと特にブラシワークは秀逸。