3rd release

Lady's Blues

Shinpei Ruike Quartet

  1. A Lovely Way To Spend An Evening (11:04)
  2. Speak No Evil (13:04)
  3. Old Fisherman's Daughter (11:00)
  4. Bluestruck (9:18)
  5. Betty (8:24)
  6. Lady's Blues (9:49)
  7. I Fall In Love Too Easily (9:05)

PERSONEL

類家 心平

Shinpei Ruike

Trumpet

 青森県八戸市出身。小学4年生の時に実家にあった父のトランペットをいじるうちに魅力に取りつかれ吹奏楽部に入部。高校生時代にマイルス・デイビスを聴いてトランペッターを志す。その後、海上自衛隊の音楽隊に入隊。6年間の自衛官生活の後に上京し、多くのミュージシャンとセッションするなどジャズをはじめ、ポップ、前衛、クラブなど、幅広く活動。2004年に6人組のジャズ系ジャムバンド「ur b」のメンバーとしてメジャーデビュー。3枚のアルバムを発売した際には、J-JAZZのランキング1位を獲得した。

中嶋 錠二

George Nakajima

Piano

 青森県八戸市出身。高校までクラシックピアノを学び、尚美学園大学ジャズ&ポップスコースに入学。坪口昌恭氏に師事し、ジャズピアノを学ぶ。自己のトリオをはじめ、「RS5pb(類家心平5Piece Band)」「金子健トリオ」「安藤正則カルテット」「Septet Bunga Tropis」などにレギュラーとして参加。その他、尺八や和太鼓などの和楽器との共演などの作品に参加。現在、都内などを中心に全国各地で活動中。2018年にはスロベニア共和国、中華人民共和国での公演に参加。

鉄井 孝司

Koji Tetsui

Bass

 東京都出身。ジャズとクラシック音楽を愛する木版画摺師の父を持ち、幼少の頃から様々な音楽を聴き親しむ。ノーステキサス州立大にてジャズ音楽を専攻。ベースをJohn Adams、Lynn Seatonの両氏に師事。現在はジャズの演奏・編作曲のみならず、シンガーソングライター大石由梨香のアルバム製作指揮や楽曲提供、マリンバ奏者・塚越慎子との紀尾井ホール出演など、活動の場は多岐にわたる。

吉岡 大輔

Daisuke Yoshioka

Drums

 1975年、広島市出身。専修大学在学中より本田竹広(pf)、辛島文雄(pf)、鈴木勲(b)等、日本の様々なジャズ・ジャイアンツとの共演などキャリア20 年に渡り常に日本ジャズシーンの第一線を渡り歩いてきた名ドラマー。著作は教則DVD「ジャズドラム自由自在」(アトスインターショナル)など。2016年11月、待望のFirst Leader Album「the Express」を自己のバンド「吉岡大輔& the Express」でリリース。作曲の評価も高く、またアレンジャーとしても様々なアーティストにアレンジを提供している。切れ味の良い抜群のリズム感と華やかでダイナミックなドラムソロが聴きどころ。