2nd release

All of A Sudden

Raymond McMorrin Quartet

[Disc1]
Live Recording Version
  1. All of A Sudden (14:07)
  2. Bye Bye Blackbird (11:15)
  3. Punch (13:00)
  4. Naima (11:57)
  5. Spiritual Journey (13:47)
  6. For My Brother Andy (11:33)
[Disc2]
Studio Recording Version
  1. Punch (10:42)
  2. Bald head (8:05)
  3. Evidence (7:38)
  4. Only by the Grace of God(7:30)
  5. Komuro Blues (8:39)
  6. Jammin with Jesus (11:18)
  7. Stay Up (6:39)

PERSONEL

Raymond McMorrin

レイモンド・マクモーリン

T.sax

 11歳からテナーサックスを始め、1997年フィラデルフィア芸術大学ジャズ科に入学、1999年ハートフォード大学に転校しジャズ専攻科にてアルト奏者ジャッキー・マクリーンと出会い師事する。2004年ブルーノートNYにホレス・シルヴァーバンドのメンバーとして出演。2005年に来日し活動の拠点を東京に移す。以降、内外のアーティストと共演。S.ロリンズやJ. コルトレーンなどジャズ黄金期を彷彿とさせるテナーの音色。テナーサックスのトラディショナルとモダンが融合したユニークなスタイルで注目を集めている。

片倉 真由子

Mayuko Katakura

Piano

 宮城県仙台市出身。両親がプロのジャズミュージシャンという恵まれた家庭に生まれ、幼少時からクラシックピアノを始める。洗足学園大学入学と同時にジャズピアノに転向、同大学を首席で卒業後、2002年バークリー音楽大学より奨学金を受け留学。在学中よりボストンやNYのライブハウスほか各地でライブ活動、2005年名門ジュリアード音楽院に入学しケニー・バロンに師事。2006年セロニアス・モンクピアノコンテストでファイナリスト。帰国後は一流ミュージシャンと共演。その創造性溢れるピアノは、将来が最も期待されるピアニストのひとり。

粟谷 巧

Takumi Awaya

Bass

 1985年北見市出身、テナー奏者の父とピアニストの母の影響で11歳の頃からエレキベースを始め間もなく父のジャズバンドに参加。現在は北海道を拠点に活躍する若きベーシスト。2010年ベニー・グリーン(pf)に抜擢されグレゴリー・ハッチンソン(ds)らと全国ツアーに参加する。2015年にはアルトサックス奏者 渡辺貞夫のツアーメンバーとして参加するなど国内外のトッププレーヤーと共演。1拍がゆったりしてベースらしいサウンドで多くのバンドからコールがかかり時々上京、いま注目の若手ベーシスト。

Gene Jackson

ジーン・ジャクソン

Drums

 9年もの間ハービー・ハンコックトリオのレギュラードラマーとして世界を股にかけて活躍。ウェイン・ショーター、ミンガス・ビッグバンド、ブランフォード・マルサリスなどなど数多くのビッグアーティストとの華々しい共演歴をもつ。現在は米国と日本の多くのバンドから乞われて、半年ごとに行き来して活躍中。派手なことはしないが、コンボサウンドを多種多用なテクと優れた演出力で支える本物のNY ジャズドラマー。よくスウィングするドラミングと特にブラシワークは秀逸。