【“50周年の夏” 特別企画 目白押し】
7月末~8月~9月まで
“ジャズ専門店”ならではのステージ
ここは人生を豊かにする“サードプレイス”
8月スケジュール更新/公開
(2024年7月1日付 July 1st.)

デイリーレポート

素晴らしい豪華メンバーをサイドにオリジナル曲などを綺麗な音色で熱く演奏

素晴らしい豪華メンバーをサイドにオリジナル曲などを綺麗な音色で熱く演奏

Kyoko

2024年06月14日 金曜日

0 コメント

▶昨夜は《江澤茜リーダークァルテット》メンバーは 江澤茜(as) デビット・ブライアント(pf) 粟谷巧(b) ジーン・ジャクソン(ds) さんという実力派豪華サイドメンを率いる茜さんリーダーのクァルテットです。茜さんは物静かな大和撫子ですが、演奏することに熱い情熱を燃やしている女性です。自身の選んだこのメンバーを見て思うと同時に、私は楽しみにしていました。
▶今の日本のジャズシーンになくてはならないトップミュージシャンたちのサポートで、茜さんのオリジナル曲も演奏。彼女にとっては最高のライブだったと思います。彼女がNYに行った時にお知り合になったギタリスト ティム・ジョンソンさんが今来日していて、昨夜はシットインで参加されました。お客さまは少なかったですが、素晴らしいステージを楽しませていただきました。
▶1st.set…江澤茜作♪Blue For 4、茜作♪From Archive、映画「The Music Goes ‘Round」より♪There Is No Greater Than Love、スタンダード曲♪What’s New、茜作♪New Song。
▶2nd.set…茜作♪A Taste of Shi-sha-mo、茜作♪Chi-bi、ティム・ジョンソンさんシットイン参加で♪Night And Day、茜作♪Astronaut、茜作♪Flight to Australia、アンコール曲はジミー・ヴァン・ヒューゼンの♪Like Someone In Love でした。

Comments are closed.