【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

将来が大いに期待される若く初々しいピアニスト登場

将来が大いに期待される若く初々しいピアニスト登場

Kyoko

2022年06月11日 土曜日

0 コメント

▶昨夜は RINA(pf) 佐藤潤一(b) 小田桐和寛(ds) さんの《RINA トリオ》でした。RINA さんは、小曽根真さんの生徒さんで国立音大出身。バークリー音大に留学卒業して、小曽根さんプロデュースでメジャーデビューされました。可愛いらしい、という表現が似合う小柄で若い女性で、若者たちだけではなく幅広い年代層で満席に近い客席でした。
▶そんな中、しっかりしたピアノタッチで、実力派若手サイドメンを得て安心して伸び伸びとした演奏でした。ドラマー小田桐さんと佐藤さんの演出力もあって、メリハリのありトリオサウンド。オリジナル曲がほとんどでしたが、どの曲も流れが良くて聴きやすい曲でした。次回はぜひ、スタンダード曲も聴いてみたいと強く思いました。才能ある若い人がどんどん出てきて、ジャズ界も活気が出てきましたね。いまこそ演奏する良き場がなければなりません、私もしっかりお店を守っていかねば、と思いながら聴きました。
▶1st.set…オリジナル曲♪Don’t Think Too Mach…来て下さった皆さんが何も考えず楽しくなってほしいと思って書いた曲、オリジナル曲♪Shadows of The Mind、オリジナル曲♪Wonderland、オリジナル曲♪Memories…NYにいた時の大切な思い出を曲に。
▶2nd.set…オリジナル曲♪まだタイトル未定、♪JJ’s Paintina…ドラムスのブラシをフィーチャーした曲、ピアノソロでオリジナル曲♪Hope、オリジナル曲♪Radio Station…トリオのために書いた曲をソロで演奏、♪With You Always…お父様に捧げた曲、オリジナル曲♪Sister Saddie。アンコール曲は♪Body And Soul、そして♪Someday My Prince Will Come…RINAさんの思いかしら…。

Comments are closed.