【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

すっごい迫力!!たっぷり身体が吸い込んだ生音シャワー

すっごい迫力!!たっぷり身体が吸い込んだ生音シャワー

Kyoko

2022年06月07日 火曜日

0 コメント

▶週明け月曜日は《池本茂貴 Large Ensemble》池本さん率いるメンバーは13名、デビット・ネグレテ(as)馬場智章(ts)陸悠(ts)宮木謙介(bs)真砂陽地(tp)佐瀬悠輔(tp)池本茂貴(tb)和田充弘(tb)苗代尚寛(g)壷阪健登(pf)小川晋平(b)小田桐和寛(ds)岡本健太(Per)さん。しかも皆さん複数の楽器を持ち替えての演奏です。
▶13人の演奏者は、南青山店の倍以上の店内の渋谷新店でもさすがにステージの「質感」が凄いですね。ドラムスとパーカッションも入ってステージは満席。加えて、池本さんはじめメンバーの皆さんのお誘いで、店内は満々席。演奏者控室にももちろん入りきれないので、休憩時間も皆さん客席でお客さまと談笑されたり、とにかくすごい熱気の店内でした。
▶演奏曲の殆どが池本さんの曲で、皆さん譜面を見ながら短いリハーサル時間でしたが、譜面に強いのが現代の若きジャズマンです。リハの時は、生音でもフルバンドの音量は強烈過ぎて心配でしたが、大勢の人がうまく音を吸収するようで、本番ではバランスの良い音量でうるさくなく、とてもいい感じでした。大迫力の素晴らしい演奏を聴いていて、日本のジャズ界もどんどん進化していることを改めて感じました。この中から、将来の日本のジャズを担う音楽家が出るくるのでしょね。池本さんも定期的に演りたいとおっしゃって…私も歳だなんていってらんないワ。
▶1st.set…武本和大作池本アレンジ♪Tranquility、♪Hidamari、♪Rhythm Blocks。
▶2nd.set…♪Jungle Run、♪Carrot and Stick、♪Venezuelan Merengue、♪Oath、♪Wind at My Back。アンコール曲はスタンダード曲T.モンクの♪I Mean You  でした。

Comments are closed.