【「もっとTokyo!!」6月再開へ】
都も社会経済活動の再開へ舵を切り
もっと楽しもうTokyoキャンペーン開始
さ、負けずにもっとJazz!!
(2022年6月1日付 June 1st)

デイリーレポート

畑もタイプもスタイルも異なる4つの個性が融合した素晴らしいステージ!!

畑もタイプもスタイルも異なる4つの個性が融合した素晴らしいステージ!!

Kyoko

2022年06月06日 月曜日

0 コメント

▶日曜日は昼夜2ステージ、その夜のステージは女性ヴォーカリスト《4人の会》でした。客席はほぼ満席に埋まったなか、それぞれの個性が光るとても楽しく聴きごたえあるステージでした。スタイルやタイプは違いますが4人がお互いを認めあい、とても和やかな雰囲気で、お客さまもそれを楽しんでいらっしゃいました。バッキングトリオは若井さん楠井さんの他、ドラムスが今回はじめて若い小田桐さんでした。彼は多分、16曲も歌伴をしたのは帰国後初めてではないかしら。結構楽しんで演奏されていました。皆さまとても楽しかった、と言われ、お帰りにはお顔がほころんでいました。シンガーは歌う前は食事をしないので、終演後打ち上げ代わりにワインやバーボンソーダ-を飲みながら、ピザやパスタやサラダなどを美味しそうに平らげて、雨の降り始める前に帰路につかれました。長い一日お疲れさま、ありがとうございました。
▶この女性ヴォーカリスト「4人の会」は、今年で4回目になりました。素敵な4人なので、次回はおしゃれに《4 DIVAS》にしようかしら。「divas」はミュージカルで言うプリマドンナ(歌姫)のことらしいです。
▶1st.set…最初は4人で登場して♪L·0·V·E。続いて、君子&佐知子さんで♪A Man And A Woman。次は佐知子さんで2曲♪Secret Love、♪Maria。次は君子さんで♪Our Love Is Here To Stay、♪Love。三人目はさおりさん♪Comes Love、♪If I Loved You。最後は浩子さんの♪Be My Love、♪I Could Write A Book。セット最後は全員登場で♪Someday My Prince Will Come。
▶2nd.set…このセットの最初は浩子&さおりさんで♪So In Love。一番手はさおりさん♪Broadway Baby、♪Not A Day Goes By。二番手は浩子さん♪Smoke Gets In Your Eyes、♪朝日のあたる家。三番手は佐知子さん♪砂に消えた涙、♪May Be This Time、セットの最後は君子さん♪What Is This Thing Called Love ?、♪愛・燦・燦。そしてアンコールは全員で♪シンデレラの小姑たち でした。ステージングも、なかなかのものですね。

Comments are closed.